2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログメニュー

画像処理による復元-1
Pocket

  ■赤外線や紫外線による撮影では、良い結果が得られないことが、多々あります。

  

以前から行われていた特殊撮影による画像だけでは、ハッキリとした成果が現れない事が、しばしば起こります。

  

 数百年を経て黒ずみ、そして画像も薄れて、ほとんど目視では見えなくなったものなどの中には、墨で描かれているにも関わらず、普通の白黒画像よりは見えるものの、赤外線画像においても、わずかな情報しか得られない物が、多く存在します。  

一方紫外線画像においても厚く塗られた顔料などは、明るく反応するものの、その画像のみではとても復元に至らない事が有ります。
  カラー画像 モノクロ画像
 カラー画像   モノクロ画像
カラー写真の撮影は、多くの場合目視により得られる情報より、細部の確認に有利な様です。   白黒写真は、若干の感色性の問題を含みますが、カラー画像から色の要素を取り除き、濃淡のみに置き換えられた画像で、得られる情報は限られます。      
 紫外線画像  赤外線画像
紫外線画像 赤外線画像
紫外線画像は、白などの明るい顔料によく反応し、場合によっては、濃淡に赤外線画象よりコントラストが付き、良い結果を得れる事も有ります。 本来、赤外線画象は薄くなった墨などに反応し、画像にもう少しメリハリが付いたり、目視より多くの情報を得られやすいのですが、しかしながらこの様に良い成果を得られない事も有ります。
 

Pocket

このページのトップへ