2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログメニュー

蛍光X線分析による調査
Pocket

 ■調査機材

  

蛍光X線分析装置によって、元素分析を行います。

  

特に、絵画などに使用されている絵具(主に無機顔料)の顔料を推測し、特殊撮影と共に使用することで、より多くの確実な情報が得らます。

その他、金属、プラスチック、食品など、水や廃棄物などを対象にした環境分析、金属、ガラスなどの無機質の材質調査などにも使用されています。

  検査機器の詳細


 分析機材

 蛍光X線分析装置(FD-01)

(株)テクノエックス
 使用機材  エネルギー分散型蛍光Ⅹ線分析装置
 分析方法  無機定性分析による試料表面層の存在元素の同定
 照射面積  1mmφ
 測定可能元素範囲  12Mg~92Uまでの元素分析が可能(無機物)
 資料室サイズ  300㎜(幅)×260㎜(奥)×150㎜(厚)
 試料面積  樹脂:4×4㎜金属:5×5㎜以上 微量試料、液体、紛体は試料セルに入れて測定。
 試料厚  樹脂・金属1mm以上 薄いものは重ねて測定。
  
       *特別仕様により、資料室より大きいものも測定可能。
 
      *当社では試料調整(カット・プレス加工・断面研磨など)は行っておりません。
  

調査項目 

      1 文化財中の元素分析

      2 材料の成分分析

      3 異物の成分分析

      4 試料に含まれる有害物質の特定・含有の有無

  

調査事例

  


分析表   
顔料分析     復元
分析器-2 分析器-1 分析器-3

Pocket

このページのトップへ