2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログメニュー

飯山ぐらし・・・

事務所を京都府の「けいはんな」から、令和元年の始まる5月1日に、長野県の「飯山市」へ引っ越した。

長野県へは、この仕事の守り神の一つである「諏訪大社」へ、何十回と無くお参りに来ている。

その帰りに他に行くところがないかとカーナビで探すと「阿弥陀堂」と言うのがあった。

そこは映画「阿弥陀堂だより」のロケ地である。

私は以後何度かその阿弥陀堂を撮りに来ていた。

もうずいぶんと昔から、この仕事は自然に囲まれた「気」の多いところでやるべきだと考えていたが、ここへ引っ越す前に、いくつかの古民家を探していて、飯山にも今年の正月明けに来たことがある。

道はきれいに除雪されていたが、周りには2メートルを超える雪の壁がそそり立っていた。

そんなこともあり、冬場の除雪のことが気になっていた。

道路は除雪されていても、敷地内の私道は自分でやらなければならない。

とは言え、除雪車を買うとなると・・・・

ソレナリの費用が掛かるので諦めていたが、真夏のネットオークションにも除雪車はいくつも出ていた。

安いものに印をつけていたが、それでも落札価格は3万円前後が最安値・・・

ところが、締め切り時間が午前中になっていて、1万円がスタートのものがあった。

締め切り時間間際に見たら、1万5百円となっていたから、思わず入札したら、「1万1千円」で落札できた。

小型の除雪車で、ワゴン車の後ろにつんで帰ったのだが、ちゃんと動くらしい・・・・

実は引越し先は、50年前の木造の作業場で、10年前から人が住んでおらず、倉庫として使われていたらしいが、飯山は豪雪地帯だから、屋根の雪下ろしをしていない間に、屋根の軒先はずいぶんと朽ちており、雨漏りがひどい状態である。

でも、日曜大工が趣味なので、直せる所は自分で直しながら、畑を作り、野菜が植え、自給自足をしながら、時々入る復元依頼をこなしている。

(資)文化財復元センター おおくま


 

宇佐神宮

時々こちらまで回ることがあるのだが・・・・

ここは随分と昔は、夜中でも開いていたけど、10年くらい前からは6時ごろには閉まるので、中までいけないし、駐車場代もかかるので、空いている時間帯で有れば、寄ることにしている。

ここは裁判沙汰になった神社で、元々の宮司の家柄と神社本庁から派遣された宮司との争いは有名である。

(資)文化財復元センター おおくま


 

日本版・マディソン郡の橋・・・

我々の年代なら見た人も多いと思うが、クリント・イーストウッド主演の映画で、たしか10年以上前にテレビで見た記憶があるのだが、彼はカメラマンで、橋の写真を撮りに来た・・・

自分が写真家なので、それで覚えていたのだが、ストーリーそのものはほとんど記憶になかった。

ところが1か月ほど前かなぁ…配信サイトでまた見たのだが・・・・

どうやら「不倫」がらみのストーリーだった。

さて、この橋も屋根のある橋らしく、いつも「神々の棲家」の写真を撮っているのだが、ネットで見るとその近くにあるらしい・・・

ハッキリした所在地の番地が載っていないので、高千穂へ向かう夜遅く、だいたいの地名を頼りに探したが、判らないので諦めて、高千穂へ直行しようとしたら、目の前にこの橋の屋根があることが分かった。

とはいえ、辺りには明かりもなく、いきなり目の前に現れた感じで、とっさに通り過ぎてからカーナビに地点登録をして、翌朝、天岩戸神社と天安河原宮の撮影を終え、宇佐神宮へ向かう途中に寄った。

どうやら「林道」にかかっている橋らしく、名前を公募して「遊ぼう橋」、いゃ「阿蘇望橋」と決まったらしい。

木製の大きな橋で、ココの周りは森林の様で、伐採した木材を運ぶ大型トラックがよく通る。

木製の橋はそれと関わりがあるらしく、屋根が付いているのは、耐久性を伸ばすためらしい・・・

(資)文化財復元センター おおくま


天安河原宮

ここも時々撮っているのだが半洞窟となっており、中は薄暗く、小石が積み上げられていて、不気味さが漂っている。

ただ最近はHDRによる撮影をしているので、中も外も綺麗に写る。

実際には、ヒトの肉眼にはこんなに綺麗には見えない。

いつも天安河原宮だけ撮っていたけど、実はもう30年近く前に始めてここに撮りに来た時は、おおきな4×5のビューカメラを担いで撮りに来たのだが、その時は途中の絵になる場所でも撮りながら進んだことを思い出し、今回は途中の風景や、洞窟内から外を撮ったものなどもある。

(資)文化財復元センター おおくま


 

天岩戸神社-2

今回高千穂神社には、夜の9時過ぎに着いたが・・・・

ここでは毎晩「夜神楽」を、観光客用に上演していて、それが終わった時間帯だったみたいだけど、ここの参道は大神神社と違って、明かりも少なく、夜とっても絵にならない。

それでもとりあえず拝殿に行ったが、たしかいつもはそんな時間でも開いているはずなのに、今回は戸が閉められていた。

そんなわけで今回は高千穂神社には手だけ合わせて帰ったし、くるふし神社には今回は行かなかった。

結局その晩は高千穂の道の駅で寝て、早朝にまだ暗いうちから「天岩戸神社」へむかった。

ここも結構絵になるところで、明るくなりかけの時間帯からの撮影である。

(資)文化財復元センター おおくま


 

このページのトップへ