2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログメニュー

車中泊

2年程前に、モビリオからワゴン車のルシーダ・キャノピータイプに乗り換えたのだが、確かに後部座席を倒せば足を延ばして寝れるようになった。

とはいえ、座席そのものがフラットではないので、その凸凹をいかに均すか・・・・

苦労はしたが、去年の秋に、交通事故で廃車に追いやられ、現在も裁判中なのだが、その車種は現在ほとんど市場に出回っておらず、別の車にしたのだが、ルシーダーもディーゼルエンジンで燃費は良かったが、それでも遠出をしても10キロ程度しか伸びなかった。

今度のセレナのディーゼルは、ルシーダが2200CCだったのに、セレナは2500CCのエンジンを積んでいるが、噂通り、凄く燃費が良く、遠出をすれば13~14キロも伸びる。

室内もセカンドシートを倒せばテーブルにもなるし、フルフラットにもなる。

もちろん凸凹はあるが、なんとか平らにできる。

一人で遠出をするには、半分を倒せば、一人分の寝るスペースが確保できる。

当然両方倒せば、二人分となる。

   
 

(資)文化財復元センター おおくま

12ミリの世界・神々の棲家

ここも今まで17ミリで何度も撮っている。

今回帰りに寄ったのだが・・・

その直前まで雨が降っており、12ミリのズームは極端に前玉が飛び出ており、保護フィルターも被せられない・・

濡れると厄介なので、現場で少し昼寝をして、止むのを待った。

ちゅんと雨が止んだので、カメラを持ち出し撮影を始めた。

ここは12ミリでも、なかなか迫力のある写真が撮れた・・・

今回の一番の収穫は、ここの写真であった。

(資)文化財復元センター おおくま


 
 

12ミリの世界・高千穂神社と幣立神宮

高千穂神社はすでに何度も撮っているし、さほどとるものも無い・・・

ただそれでも、17ミリでは収まらないところが有ったり、幣立神宮も余り変わり映えしないが、それでもこちらはまだ門松が立っていたり、日の丸の赤丸が、赤外線では白く写っていて、ちょっと異様に感じもする・・・

(資)文化財復元センター おおくま

高千穂神社
 
弊立神社
 
 

世界一安い宿

何やら大きな話なのだが・・・

今回もいつものルートで、宗像大社と高千穂を回ってきた・・・

で、いつも「道の駅」に車を停め、中で寝るのだが、何分冬は寒い。

以前に箱根で-15度で、寝袋で寝たことがあるが、さすがにちょっと寒い。

今回は冬用の分厚い寝袋を2枚用意し、それを重ねて2重にして中にもぐりこむ。

それで全く寒くはなかったものの、2晩車で寝て、ノートパソコンでネットに繋ぎ、酒を呑む。

3泊目は高千穂なのだが、以前に高千穂の道に駅に「ゲストハウス」のポスターを見かけていた。

今回は夕方早い目に到着したもので、車で過ごすには時間があまり過ぎる。

そこでポスターのゲストハウスに電話を入れてみた。

今回、道の駅には2つのゲストハウスが載っていたのだが・・・

1つは一人1500円・・

もう一つは3人泊まるとして、ひとり3500円と書いてあり、あまり安くない・・・

当然安い方に電話を入れたら、空いているらしく、ひとり1500円は間違いないが、冬場は暖房費300円と、布団を借りたら500円別にかかるらしい・・・

それでも安いので、そこに行ったが、何やら専用の業者じゃなく、「建築事務所」か副業でやっているらしい・・・

部屋は個室で、それぞれに「社長室」「副社長室」「専務室」などと書かれていたが、どうも実際に自分たちの事務所として使っていたスペースらしく、私は専務室だったが、4畳半程度のスペースがあり、値段からすれば確かに安い。

パンフレットが置いてあり、持ち帰ったが「世界一安い宿」と書かれていた。

いく棟もあるらしく、家族と高千穂へ行く人は「お買い得」かも・・・

(資)文化財復元センター おおくま

12ミリの世界-天安河原宮

今回、久しぶりに天岩戸神社から下った「天安河原宮」へ行った。

以前に17ミリレンズで迫力のある写真が撮れたのだが・・・

同じ場所で12ミリだとどんな感じになるのか、テストするために行った。

前回も朝早く行ったのだが、今回はその近くに安宿を見つけ、前日はそこに泊まり、スグに出かけた。

まだ暗いうちから撮りはじめたのだが、どうしても超広角レンズだと、絞り込まないと隅々までシャープにならない。

撮りはじめたころはISO1600程度から撮りだし、明るくなるにつれて感度を下げた。

ただ、ここは17ミリでは迫力のある写真が撮れたのだが、今回の12ミリではさすがに広すぎて、河原に積まれた小石が、やはり米粒ほどの大きさになり、ごちゃごちゃして、積まれた小石と言う雰囲気が出ずらい・・・

また、絞り込んで長時間露光を掛ける関係で、あまり目線を下げて、低い位置では三脚がセットできず、結局思うような絵にする事が出来なかった。

(資)文化財復元センター おおくま


   
   
 

このページのトップへ