2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログメニュー

プラス・マイナス・ニュートラル・・・・

数年前にも同じタイトルで、記事を載せている。
それは
-----------------------------

最近エハン塾の話が多いのだが、エハン・デラヴィ氏は、自らを「人類学者」と呼びながら、また「ジャーナリスト」だと言う。
 
彼はエハン塾の講義の初めに、「自分の立場」を説明するのに、三角形を書き、例えば左側に「プラス」と書いて、それを「マスメディアの報道」だと説明する。
つまり我々が普段耳や目にする「情報」はここから発せられるものを指す。
 
一方反対側の右側を「マイナス」として、それに対する反論だと言う。
 

つまり、われわれが普段マスコミから与えられる情報は、ずいぶんと与える側の利益になるものに限られ、それに反するものはけっして報道されることがないとはっきり言う。
-----------------------------------
そして、それに対して、彼はどちらか側の話をうのみにせず、自分は「ニュートラル」な立場として、「自分の価値判断」で物事を判断する。
それを彼は別のことばで「独立個人」とも言っていて、何かの団体の一員として、他から指示されない「立場」を維持すると言う。


釈迦は「中庸」と言う言葉を使い、決して偏らないことを旨とした。

私も精神世界を旅するうちに、その意味するものを理解し、可能な限り「中庸」でありたいと願っている。

さて、今回同じタイトルを付けたのだが、最近ネットの情報を探すと、マスコミの話しと真逆なものが多い。

ちょうどエハン・デラヴィ氏の指摘通りなのだが、特に目につくのは「放射能」「電磁波」の影響についてのものが多い。

それを見ていると、それは正しいように思ってしまうが、今回この話をしようと思ったのは「電子レンジは体に悪い」というのが、ネット上ではとても多く書かれており、しかもそれにはいろんな実験データーまで添えられていたりする。

私は一人暮らしで特に最近は自宅にあまり帰らなく、仕事場で寝泊まりすることが多い。

そのビルには共同の給湯室は有るのだが、ガスレンジなども無ければ、自室にしている部屋にもガスも水道もない。

そんな中で外食をせずに自炊するには、どうしても「電子レンジ」と「電磁コンロ」のお世話になることは避けられない。

かと言って、両方を排除できないので、なんとか「改善策」をネットで探したが、電子レンジの代わりの調理器は有ることはあるのだが、とても高いし、電磁レンジの代わりの「遠赤外線レンジ」も国産のものはかなり高い。

そんな中見つけたのは「磁気製土鍋」と言うもので、ソレに入れてから、電子レンジにかければ、電磁波の影響はなくなると言う。

買っては見たものの、電子レンジでは使えても、電磁コンロでは使えない。

結局めんどくさいので、たまにしか使わない。

で、今回ネットで「電子レンジは本当に体に悪いのか?」と検索すると・・・・

確かに多くの記事では悪いとなっているが、http://www.global-clean.co.jp/col_health18.html「美しい地球を守る・地球再生計画」というサイトではそれを否定している。

ただそこに書かれている話もちょっと信じがたい。

でもそれとは別のサイトで、そのサイトの主は「電子レンジの水を与えられた植物は枯れる」と言われていることを、実際に自分でもテストをしたらしい。

https://tinyhouse-story.com/dennshirennzi-01

https://tinyhouse-story.com/dennshi-renzi02

この二つの記事では、水道水とやかんで沸かした水と電子レンジでチンした水を、3つに分けた植物で10日間テストしたらしい。

結果として、若干電子レンジの水の成長が悪かったらしいが、枯れるという事には程遠かったとのこと。

私もこのサイトの記事の作者と同じで、他人の話しは鵜呑みにしないことにしており、自分で確かめるか、または自分の判断基準に照らし合わせて、判断する。

正に独立個人であり、中庸であることを心がけているのだが、何故こんな話をするのか?

今、自分で物事を判断できない人がとても増えている。

そういう人は外からの「情報」をそのまま鵜呑みにして疑わない。

すると、情報には「プラス側」もあれば「マイナス」もあり、そのどちらを信じるかは、「個人の意識」の影響を受けるわけだから、両極端な考え方の人がいることになる。

ましては「常識」つまり、「自分の持っている常識」は誰にでも通じ、それに反する人を「常識外れ」と決め付ける。

そして非難するわけだが、その両極端なものは、それぞれ「自分の常識」を疑わない。

そこから「対立」が生まれるのだが・・・・

もうすこし深く考えてほしいのは「情報」を流すものは、必ず自分に都合のいい情報しか流さないという事。

もっと言えば明らかに情報には「利害」が絡んでいる。

それを「見抜く目」を自分自身で養わない限り、自分は他人から操られているという事に気づいてほしいと思う。

(資)文化財復元センター おおくま


最近・思うこと・・・

私の仕事のHPには、仕事の紹介のページと、そして私が思う事を記したブログがセットとなっている。

その仕事の紹介ページにも、実は仕事を得るためには、どちらかというと「マイナス」になる記事が多い。

それは「デジタル画像による文化財復元」と言う仕事は、日本はおろか、世界でも唯一無二の様であるが・・・

確かに「デジタル画像」と、「デジタル画像処理」という、最先端の「技術」を用いている。

しかしながら、かと言って「科学」オンリーの考え方を私は持たない。

元々写真を専門とするものが、あるときから不思議な出来事を多く体験する羽目となり、そしてそれらが一つに繋がり、この仕事へと導かれた。

まずこんなことをいう事が、この仕事にマイナスであることは、重々承知している。

にもかかわらず、私は自分の考え方をはっきりと仕事の紹介のページにも、そしてブログにおいては、仕事のPRの書き込みより、はるかに「精神世界」の書き込みの方が多い。

たぶん私の仕事内容で検索した人は、その内容に戸惑っていると思うが・・・

しかしながら、私のHPには、一日何人がアクセスし、そしていくつのページが読まれたか?

それはどのページなのかも、ちゃんと把握できる。

うちのHPは平均すると一日100ページほど読まれているが、それは日本語であるにもかかわらず、90カ国ほどからアクセスされている。

それだけ、この仕事の「潜在需要」は有るのだが・・・

かと言って、それを見た人からの問い合わせや、書き込みは随分と少ない。

でも、どういう書き込みに興味を示されているか?

それは把握できるのだが、その半分は「文化財復元」また残り半分は「精神世界」の話しである。

フッーに考えるに、この二つは無関係だと思われようが・・・・

実は無関係どころか、うらでは一つに繋がっているのである。

私がしている仕事は見えなくなった情報の「視覚化」だが、私はソレを単に画像による文化財復元として復元するのではなく、そこに込められた「作者のおもい」を復元しているつもりである。

つまり「おもい」も「精神」の産物である。

そのことに気が付く人はとても少ないが・・・・

今回私が言わんとすることは、最近一人の人が複数のページを読むことが増えたこと。

それは、単に文化財復元に限らず、私の「精神世界」の書き込みを続けて読む人が増えた。

これは、今、地球は3次元から5次元に次元上昇していると言われていて、次元が上昇するという事は、3次元の『物質』に拘り「物欲」に走ることから「精神」世界の意味を理解できる人が増えることを意味している。

今、すでに「イベント」と呼ばれる、銀河系連合と言う善良なETたちと共同で、「地球改革運動」が始まったらしい・・・・

これが実現すると、私の話を理解できる人が増える。

その前触れなのだと思う・・・・

(資)文化財復元センター おおくま

石上神宮

石上神宮は、ハリー山科氏の動画「皆神山の謎」のシリーズで取り上げられていたので知ったのだが、大神神社の近くにあるらしく、寄ったのは2度目なのだが、大神神社は結構規模も大きいし、お金もかかっているのが判るが、こちらはそれに引き替え、こじんまりとして、質素な雰囲気で、昨日も朝の8時ごろに到着すると、神官の人たちが、ぞうきんがけをしていた。

写真には無いが、ココは境内にニワトリを放し飼いにしていて、朝は特に鳴き声がにぎやかである。

場所は天理市で、駐車場から何やら瓦葺きなのだが、ちょっと変わった建物がいくつか目に入ったが、それは天理教の本部らしい・・・

昔から、霊山やこういう古くからの神社の周りに、「新興宗教」が本部を構えると言うが・・・・

正にそういう場所だと思う。

(資)文化財復元センター おおくま


   

 


   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

大神神社

大神神社はこの仕事の守り神の一つで、遠くの諏訪大社と宗像大社には、年に数回は足を運びエネルギーを貰って帰る。

しかし、比較的近い「大神神社」へは、年に一度行けばよい方で、しかも写真はあまり撮っていない。

最近、地球の改革が始まったらしく、そわそわしていて落ち着かない。

諏訪と宗像へは今年、すでに2度行っている。

で、昨日夜中の3時過ぎにけいはんなの仕事場を出て、奈良の大神神社へ行ってきた。

今回ははっきりと撮影が目的であるが、ココへはいつも夜が明ける前に到着し、明るくなってから参っているのだが、鳥居のあとに灯篭が並んでいて、そこに明かりがともっている時間帯だと、とても幽玄の世界を味わえる。

で、拝殿に行く前にいくつかの小さな社があるのだが、バツイチの私はそこの一つで、縁結びの神様にいつも寄っていたのだが、数年前に「瀬尾律姫」の社があることを知り、そこにも寄っている。

(資)文化財復元センター おおくま


   
 

 


 

 
 

くまさんの居る風景・・・

たまにと言うか、よくここで自分の写真を撮る。

このとても不思議な空間が、お気に入りである・・・

 

追記するが、着ている半纏は白く写っているし、作務衣も白っぽいが、半纏の色は黒地に柄物であり、作務衣はジーパン地なのだが、赤外線で撮ると、染料の色は完全に抜けてしまうらしい・・・

 

くまさん

 

このページのトップへ