2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログメニュー

フラガール

私は好んで何度も見る作品が、何本もある。

「阿弥陀堂だより」「60歳からのラブレター」「おくりびと」そして「フラガール」・・・

もちろん別格として「海猿」のシリーズは、配信サイトでは見かけないので、一式DVDを買ってある・・・

で、何故何度もこれらを好んでみるのか?

それは「こころ」を整え、「前向き」に気持ちをさせてくれる。

ナカミそのものは、決して明るいばかりの話しじゃない・・・

だけど・・・

そこには、特に日本人の好む「情」が描かれている。

そこに心を打たれ、気持ちを洗い・・・

そしてピュアな気持ちに戻してくれる。

私は、心は「ピュア」で有るべきだと思っていて、よく精神世界では「波動をあげる」と言うが、量子力学の世界では、物質も光や音や、そして人間の気持ちもすべては「波動」だと言われる。

しかしながら、そんな波動を我々の五感では感じることはできない。

それをもし人が何となく理解できるとしたら・・・

それは「意識」と言う言葉だと思う。

そう・・・

意識には明らかに高低が存在する。

低いものほど、俗っぽく「欲」まみれであり、高い意識ほど、神のごとく穢れなく、欲から遠い存在だと思う。

そういう「意識」の工程を考えた時、人は意識して、自分の意識をあげたり・下げたりできる。

俗っぽいものから遠ざかり、欲どおしい事を考えず、もっと純粋な「意識」・・・

それが高次元の意識だと思う。

そういう意識を自ら身に付けるには、こういう作品や本を読み「感動」するのがいちばんだと思う。

(資)文化財復元センター おおくま

ちょっと「なんかいなぁ・・・」と言う話

私の価値観は、一般人とまるで違うが、それが間違っているとは思わない。
それは私自身が、若い頃から「自問自答」を繰り返してきたが・・・
自問自答とは、自分で問うて自分で答えるという事だが、その「問うべき自分」と「答えるべき自分」は別人で、問うのは「顕在意識」の自分らしく、応えるのは「潜在意識」の自分だと思う。

ヒトは顕在意識でモノを考え。記憶するが、潜在意識は桁違いに広く深い・・・
そこには、神や魂や、守護霊やあるいはガイドと呼ばれる存在が住んでいて、それらと顕在意識の自分とは繋がっている。

つまり3次元の自分と言う存在は、もっと高次元の潜在意識の中の「宇宙」と繋がっているらしい・・・

だからユンクは、「集合的無意識」や「シンクロニシティ」と言う概念を唱えた。

その潜在意識が私の問いに答えるとは、神のように「声」で答えるわけではなく、「ひらめき」として返してくれる。
答は即答ではなく、忘れたころに突然やって来たり、あるいは「気が付くと」その答えがすでに自分の中にある・・・・

そんな調子で返される答えは、一般人の「常識」とまるで違う。
それが私の価値観を創ったのだが、わたしのこの「画像による文化財復元」は、そんな世界から導かれ、そして授かった技術だと思うが、一般的に考えると「文化財」とはその物質的価値を指すことが多い。

ところが私は「文化財の価値はナカミだ」と、ホームページにも書いている。
この意味を理解できるものは、3次元意識では皆無に近い・・・・
私はそれを創った人の「おもい」こそ、本来残すべきものであり、その思いは「物質に宿る」と思っている。
と、偉そうなことを言っているが、本人にもその意味は説明できなかった。

だけど数年前から「精神世界」を探求しはじめると、いろんなことが解ってくる。
その一つに「量子力学」と呼ばれる世界があるらしく、そこでは一般常識が通じない。
「観察物は、観察者の影響を受ける」と言う、有名な話が有り、アインシュタインとボーアの論争で、「月は見ていなくてもそこに存在する」とアインシュタインは言ったが、これは量子力学的にいうと「月は人が見ているからこそ、そこにある」という事らしい・・・

つまりヒトの「意識」と言う存在が、とても意味を持つ。

これを知って、私の「文化財の価値はナカミにある」そして「残すべきものはその思い」だという事が、間違っていないことを知った。

またロバート・ランザという優秀な科学者が、「宇宙には最初に意識が誕生した」と言う理論を展開しているらしい・・・
おかしな話だが、星が誕生する前から「意識」があったなんて、3次元の常識外の話しだが、これを裏付けるのが下の話しだと思う・・・

つまり、星自体が「意識」を持っている。
よく地球を「ガイア」と呼んだり、「彼女」と言う表現を目にするが、それはこの考え方と同じで地球そのものが「意識」を持っているという事だと思う。

その彼女を人類は痛めつけ、環境破壊を繰り返してきた。
だからこそ「いま」宇宙の他の知的生命体が、「ガイア」を守るために立ち上がった・・・・

************************
最近は、一度SF小説に追いやられた観念は難解な学術誌とそこからの、主流会話に入っています。
これの1つの例は最近イーロンじゃこうによって擁護されたシミュレーション議論です;
別のものは‘時間結晶’(じらす非線形な物質の相)です。
「汎心論」の論争の的の理論または精神が物理的宇宙の基本財産であり、物質のすべての状態の中に吹き込まれるという確信について、インターネットを横切って放送されている精神ジャズの最新のシンフォニーは新しいアイデアを仮定します。
グレゴリーMatloff物理学者によって発表された新しい論文は、Matloffがまた意志的な星の物議をかもすアイデアを推進し、星が彼ら自身の銀河の進路をコントロールするという証拠が実際あることを示唆しているのを、遍在する「プロト意識フィールド」.の概念を「有効にするか、偽造する」ことができた実験的なテストに約束して科学の議論の中にそのアイデアを返しました。

理論音と同じくらい不合理に、それは、30年前に汎心論を導入した英国の理論物理学者ロジャー・ペンローズ卿を含む何人かの著名な支持者を持っています。
ペンローズは、意識が量子鉄条網の特性から生じると信じました。
彼とスチュアートHameroff麻酔学者は、統合された客観的な縮小(Orch-OR)仮説(それは、意識が微小管の中で量子振動に起因しているととりわけ断言します)を制作しました。
2006年に、ドイツの物理学者バーナードHaischはさらに先にそのアイデアを進めて、エネルギーが流れるかなり高度なシステムがある時はいつでも、意識が「量子真空」中で生じることを提案しました。
クリストフ・コッホ神経科医、汎心論の別の提案者は、意識が生物学の有機体にユニークでないと主張するために統合した情報理論を使って、違う角度からそれに近づきます。
「私達が意識について持っている唯一の支配的な理論は、それが、それ自身の状態に作用し、それ自身の運命を決定するシステムの能力によって複雑さ?と関連すると伝えています」とコッホは主張します。
「理論は、それが非常に簡単なシステムまで行くことができたと述べます」。
「原則において、生物学ではないか、有機でないいくつかのまったく物質的なシステムはまた意識があるかもしれません」。
Matloffや他の科学者は議論を新しいフェーズの中に移動させています:
実験。
Matloffは、Paranegoの不連続として知られている星の動作において変則を特に分析して、スターの行動を勉強するつもりです。
Matloffは、あるよりクールなスターがなぜ、1つの方向(銀河系で奇妙に、不可解に遍在するような特徴)に向けられたエネルギーの噴出物を放つようであるかを知りたい。
2018年に、彼は、変則が故意の星の行動であるかもしれないことを示すためにガイア星のマッピング宇宙望遠鏡からの結果を使うことを計画しています。
その間、Matloffが最も雄大なスケールの上の宇宙の活動を勉強する時に、コッホは、脳で害された患者を使って、理論の実験的なフェーズに近づきます。
彼は、それらの情報反応が意識の潜在的な神経系統に影響を与える基礎とマッチしているかどうかを知りたいと思っています。
彼は、彼らの精神がより大きな情報システムに次第に変わるかどうかを確かめるためにマウスの脳をワイアで固定することによってこれをテストすることを計画しています。
汎心論は確かにその上批評家を持っています。
「汎心論がなぜたぶん悪いですか」という表題を付けられた大西洋のための記事の中で、キースFrankishは書きます:
「汎心論は意識に奇妙なステータスを与えます」。
それはすべての物質的なエンティティのまさしくその中心でそれを置くけれどもそれを説明的にアイドルにする恐れがあります。
亜原子粒子とシステムの挙動のために、それらは、物理学と他の物質的な科学によって十分に説明される約束を構成しています。
汎心論は際立った予測または説明を全然提供しません。
「それは現実の世界で意識のための場所を発見するけれども、その場所は一種の不確実な状態です」。
相場は、宇宙(多くの科学者が共有する意見)で、汎心論が意識の難しい問題を簡略化しすぎるという将軍の意識を表現します。
しかし、Matloff、ペンローズ、および他の提案者は、量子論によって露出された強情な否定と変則を調和させてみるために受け入れられた科学のマージンの外にあえて進む仕事を引き受け続けます。
******************************

http://theantimedia.org/universe-conscious/

(資)文化財復元センター おおくま

幸せになるための27のドレス

この作品も2度目か、3度目なのだが・・・

いくつもの配信サイトをハシゴし、数百の作品を見てしまうと・・・

そう・・・

見たいものには有りつけず、何度も見た作品

を見る羽目になる。

ただ、その時に基準になるのが「幸せな気持ち」や、「心が温まる気持ち」あるいは「やる気が湧いてくる」などの、前向きに気持ちになれる作品・・・

つまるところ、嫌な気持ちで落ち込むような暗い作品ではなく「ポジティブ」な気持ちにさせてくれる作品を、選んでみている。

この作品もハリウッドでは数少ない「しあわせ」な気持ちにさせてくれる作品なのだが・・・

主人公は子供のころから「結婚式」が大好きで、アメリカの映画ではよく出てくる「花嫁の引き立て役」を27回もやった女性だが、本来恋焦がれている自分の会社の社長が、どういうわけか自分の妹と結婚したいと言い出す・・・

彼女は精一杯努力するが・・・

結局のところ・・・

自分の妹の本性を、上司である社長に見せてしまう。

それに気が付いた社長は・・・

かのじゅにキスをするが・・・

そのキスの味で、彼女は自分が求めている相手ではないことを知る。

結局のところ、新聞の「結婚式」の記事を書いている彼と最後には結ばれるのだが・・・・

彼女の結婚式には、彼女が引き立てた27人の花夢が、彼女の引き立て役として参加してくれた・・・・


最後まで見ていて、とても「ハピィー」な気持ちにさせてくれる作品である。


(資)文化財復元センター おおくま

2度目の「パッチギ」・・・Amazonビデオ

Amazonビデオっうかぁ・・・

Amazonのプライム会員登録すると、無料で動画(映画等)が見れるのだが・・・

いろんな配信サイトをハシゴして・・・

見たいものはほとんど見尽くした。

このパッチギも以前に見たのだが・・・

http://fukugen.info/wordpress/blog/2015/03/01/p52if0-1tv/

そこにもあるのだが、私自身がまだ結婚する前に、ライフワークとして踊りの写真を撮っていた。

その一つに「朝鮮舞踊」があるのだが・・・

大阪の鶴橋は、在日朝鮮人の街と言われていて、焼肉屋も多いし、昔は鶴橋の駅の高架下に、焼肉の屋台が並んでいた。

その駅前に「朝鮮舞踊研究所」と言うのがあり、そこに「写真を撮らせてほしい」と押しかけ・・・

随分と練習風景や、発表会の写真も撮った。

練習風景を撮りに行き、帰りにそこの先生と、駅の高架下の屋台で焼肉や、生の贓物を食べながら呑んだ記憶がある。

言わせてもらうが、自称「ニッポン人」は、随分と在日を嫌う・・・

彼らが強制的に日本に連れられてきたと言うと、「それは違う」と、のたまう・・・

確かに、それぞれの言い分はあるだろうが・・・

しかし、彼らの言い分も決して間違っていない。

そこの先生から、在日の同胞の写真屋を紹介されたりしたが・・・

本来なら彼らは「仲間意識」がとても強く、決して「ニッポン人」を迎え入れたりしない・・

なのに、そこの先生と随分と個人的に呑んだことも有り、初めてのそこの発表会の撮影を、同胞の写真屋と同じく、ニッポン人の私にも撮影許可が下りた。

つまり・・・

彼らはこの「パッチギ」と言う映画もそうだが・・・

ニッポン人であっても、分け隔てなく、差別意識のないものは、「仲間」として受け入れてくれる。

大事なことは「自ら」飛び込むこと・・・

そうすれば彼らも決して差別せず、分け隔てをしない。

これがとても大事な事であり、自分自身に「差別意識」がある限り、彼らもまた差別する・・・

この作品・・・

2度目を見るには随分と勇気が行った・・・

だけど・・・

決して後悔しなかった。

っうかぁ・・・

前回以上の「感激」で涙がこみ上げてきた・・

井筒監督は在日かもしれないけど、だけど彼がこの作品で言いたかったことは「差別意識が差別を創る」という事だと思う。

未だに自称「ニッポン人」とくに「愛国者」とのたまう輩は、差別意識丸出しで、韓国・中国人を悪く言う・・・

それは、彼らが間違っているからとのたまうが・・・

しかし、それは互いに敵対させるカバルの企みに乗せられているだけの話し。

それすら気づかない愚かな自称「ニッポン人」ども・・・

アンタらは、はっきり言うが・・

時代遅れなんよ・・・

今は宇宙人との「未知との遭遇」が、用意されている時代なんよ・・・

そんな時代に、ちっぽけな地球のお隣さんとの「仲たがい」で、ゴタゴタと言ってる時代じゃないんよ・・・

そこんとこ・・・

ハッキリ言うが50年も、100年も・・・

アンタたちは遅れているんよ・・・

もう一度、そういう「差別意識」を捨てて、「パッチギ」を見てみろよ・・・

今まで気が付かなかったことが、イッパイ見えてくるよ・・・

(資)文化財復元センター おおくま


                

三本木農業高校・馬術部

随分とマイナーな題名の作品である。

別にそのタイトルが気に行ってみたわけではなく、先日「朝食亭」や「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」などを2度見していると、どうしてももう一度見てみたい作品を思い出した。

それが「天国はまだ遠く」http://fukugen.info/wordpress/blog/2015/02/26/p52if0-1rw/

なのだが、生憎現在はどこの配信サイトでもやっていない・・・

やむなく、酔った勢いでAmazonで中古のビデオを注文した。

それを見始めたら、レンタル用のビデオだから、他の作品の「予告編」が入っていたのだが、それがこの「三本木農業高校・馬術部」なのだが・・・

こんなマイナーで長ったらしいタイトルではなく、馬術部の話で「実話」だとあり・・・

思わずまた中古のDVDを、今度はヤフオクで手に入れた。

早速それを見たのだが。。。

もう・・カンドーもの・・・・

ええ歳した60過ぎのオッサンが、高校の馬術部の話しなんかで、カンドーするかぁ・・・

いゃいゃ・・するのだぁ・・・

ストーリは青森県の三本木農業高校と言う、実在の高校の馬術部が舞台で・・・

かの馬をもつ馬術部なのだが、その中に片目を悪くしてほとんど見えなくなった、かっての名馬が居た。

その世話役の女子高生と、その馬との話なのだが・・・・

少し話は変わるが「引き寄せの法則」と呼ばれるものが、宇宙には存在するらしい・・・

それはその手の本によれば「潜在意識を騙して、願望を実現化する」ッうモノらしいが・・・

私もその手の本を随分と読んだが、生憎自分の願望など実現しない・・・

精神世界の本を数百冊一気に読むと、解ってくることがいくつもある。

それは「欲」を捨てること・・・

特に物欲や名声欲など・・・・

引き寄せの法則とは、そんな欲に駆られて、欲しいものを求めるものではなく、「自分の意識」が、実は無意識のうちに似たようなものを引き寄せているという事。

つまり、普段の自分の「行い」や「思考」が、実は一番大事で・・・

普段からつまらないことに意識を向けているより、もっと前向きで、ポジティブなものに意識を向けていれば・・・・

おのずとまた、そういうものを引き寄せる。

それが真の引き寄せの法則であることに気が付いた。

つまり、常日頃自分の意識を高めるには、こう言う映画や本を読み「カンドー」したり「ここ温まったり」「やる気が起きてきたり」早い話が「前向き」に物事を考えられるようになり、そしてくだらない巷の出来事など「意識外」に追いやれるようになれば・・・

また人生はポジティブなものを引き寄せはじめ、どんどん人生は良い方向へと進む・・・

と、話が横道にそれたが・・・

だからこそ、こういう作品を見て、カンドーして「心を洗う」ことが、いくつになっても大切なのである。

(資)文化財復元センター おおくま

このページのトップへ