2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログメニュー

皆神山の謎 第四部 一厘の仕組篇 序章

私は10年ほど前から、「目に見えない不思議な力」の正体を知りたく思い、精神世界を探求しはじめた。

元々、私は「自問自答」をするのだが、それを忘れたころに、その答が閃くことが多かった。
これはよく神の声を聴くと言うが、そういう具体的な声も姿も見ることはないが、しかし確かに「イメージ」として私の中に答えが返されている。

その正体を知りたいとおもい、精神世界に足を踏み入れたが、その間、数年間に数百冊の本を読んだ。
読書家にすれば、たかが知れた数だが、私は普段から本を読まない。
それは「知識」より「思考」を大事にし、「自分の頭」でモノを考えることを好んだ。
その私にすれば、数百冊の本を読むのは驚異的な話なのだが・・・・

その中にも、何人か、この目に見えない力が導いてくれた人がいるのだが、その一人がこのハリー山科氏なのだが、数年前にこの「皆神山の謎」のシリーズを一通り見た。
学ぶべきものが多かったが・・・・

その後、いゃここ2~3年は、「意識」が宇宙で一番大事なことを知らされ、また「」とは「宇宙の創造主」としての「意識」の存在だと知った。
それから、彼らは「高次元のETたち」で、次元が高いものは肉体を持たないこと、そしてチャネリングしてくるのも彼らだと理解した。
それからコブラや銀河連盟の話しも知り、彼らの話をそのまま「鵜呑み」にする人たちを見てきた。

で、今日、またこのシリーズを1から見始めたが、ここで山科氏が言っている事は、まさに現在「見えない世界」で起きている「世直し」そのものと言える。

彼はこの動画を2012年にアップしているらしい・・・
当時すでに彼はサイレントグループとして、偽ユダヤ金融グループが、我々を牛耳っていると言う話を、アダムスキーと言うUFO研究者の話を「宇宙哲学」と呼び、その話とすべては繋がっていると話している。
まだ第6話までしか見ていないが、ここで彼が言っている事は、まさしく今起きていることを、もっと幅広い分野から解説している。

たんにコブラや銀河連盟からの話を、そのまま信じるより「自分なりの理解」をするうえで、とても役立つものだと思う。

(資)文化財復元センター おおくま
YouTube Preview Image

五日市物語・U-NEXT

実は私は数年前から、ネットの配信サイトをハシゴしている。

いくつもの「有料サイト」は、最初の1か月ほど、無料のサイトが多い。

その1か月間にも多い時で100くらいの作品を見て・・・

無料期間が終わる前に、解約し、次のサイトを見始め・・・

そしてまた次のサイトに移る。

それを繰り返すと、見たい作品、数百を、無料で見れる。

その後も、1か月単位で、新しい作品が入るのを待ち、また次のサイトへ移る・・・

普段、映画も見ないし、本も読まないものが、一気に数百冊の本、数百の映画を見た。

そこから学ぶべきものはとても大きかったが、今回の「五日市物語」って、ズバリ「ご当地映画」であり、現在「あきる野市」が、全面バックアップしていると言うか、たぶんスポンサーとなって創られた映画だと思う。

だけど・・・

決して五日市のたんなるPR映画にとどまらず、見る人を惹きつける何かがある。

それはたぶん脚本がいいんだと思うが、ある情報収集会社の社員が、仕事で「五日市」の取材に訪れる。

そこで出会った市の職員もまた、自分の地元に興味を覚えるのだが、主人公の女性は、その取材が中止になったことで、その会社を辞め、五日市の取材を私費で続行し、また市の職員も個人的に続行する。

いずれ二人は結ばれるのだが、私がこの映画を見ている間、とても「幸せ」な気分を味わった。

それはこの主人公のキャラクターである、ノー天気で、前向きな性格にとても「共感」を覚えたからなのだが・・・

私は17年前に離婚したが、最初に縁が繋がったのが、東京の17歳年下で、貿易事務をしている娘・・・

その娘と縁が繋がったのは、当時「偶然」だと思っていたが、数年前に、「精神世界」にのめり込み、世の中には偶然は存在せず、あるのは「必然」だけだという事を知った。

その彼女の性格は、私とは正反対で「悩まない」「落ち込まない」「深く考えない」の三拍子がそろっていた。

私はソレを、彼女の「欠点」だと思っていたが・・・

ある出来事から、私は彼女の「受け取り方」を変えた。

そうすると・・・彼女のその楽観的な考え方は、私には無い「長所」で有ることに気が付いた。

つまり、一つの出来事でも「自分の受け取り方」次第では、プラスにもなればマイナスにもなることを知った。

だけど・・・

結局は彼女との仲も終わり、その後幾人かと付き合ったが、ソレナリに学ぶべきものはあったが、最初の彼女ほどインパクトはなかった。

その意味がやっと解ったのは、60歳を超えた後・・・

この映画の主人公の女性も、まさしく彼女の性格と同じ、ノー天気だけど、だけど自分のやりたいことをちゃんとわきまえている。

結果として、とても見ていて「ハッピー」な気持ちになれる映画なのだが・・・

そこは脚本がいいのと、主人公とその周りの人々のキャラクターとか実にマッチしており、フッーの行政がPR目的で作った「ご当地映画」の域を超えていると思う。

このサイトも無料期間が有り、その間にキャンセルすれば「タダ」で、ハッピーな気分を味わえる。

(資)文化財復元センター おおくま


 

ガンジー・U-NEXT

1982年の作品である。

つまりすでに35年前のハリウッドの作品であるが・・・

わたしには、この作品について、深い思い出がある。

当時、私は仕事としてではなく「ライフワーク」として、舞台写真を撮っていた。

と言っても演劇の写真ではなく、「舞踊・舞踏」の類なのだが、私には一つのテーマが有った。

それは単に踊り手の「記録」としての写真ではなく、「人間の体が創るフォルムとしての美しさ」を追及していた。

つまり、あらゆる踊りの写真を撮っていたのだが、特に「民族舞踊」の類は、いろいろと撮った。

その一つに「インド舞踊」も含まれており、京都には当時「バサンタムラインド舞踊研究所」と言うのが有り、そこに印度人と日本人のハーフで「シャクティ」という、舞踊家が居た。

カノジョの写真を撮りたいが、生憎伝手が無い・・・

で、当時天王寺に「弘雄介」と言う、シタールの奏者が居た。

彼はなんとラビ・シャンカールの愛弟子であった。

ラビシャンカールと言えば、ビートルズも傾倒し、当時「バングラディシュ難民救済コンサート」と言う映画でも知られる、印度の最高位のシタール奏者であるが、彼は各国に一人しか弟子を取らないと言う。

そのニッポン人のたった一人の弟子が、弘さんなのだが、彼はいろんなジャンルの芸術家ともセッションをしていて、能の囃子方の大蔵流の、二人の息子や、宮城道雄の弟子であった、盲目の邦楽の作曲家の作品を、NHKで録音するときにも、写真を撮ったし、この「ガンジー」が封切られたとき、開演前に、彼の「インド音楽」の演奏が有り、それも当時撮っている。

既に35年前の話しであるが、この映画その後何度も見ている。

で、今回有料のネット配信で見たのだが、なんと音楽は弘さんの師匠である「ラビ・シャンカール」が担当しているらしい。

最近はラビ・シャンカールの娘がシタールを演奏していることを知った。

で、肝心な映画の話なのだが、まず初めの部分で「この映画をMコタリ氏、マウントバッケン伯およびP・ネール氏に捧ぐ」そして「その激励と不断の擁護によりこの映画は完成した」さらに「他人の人生は一口には語りつくせない」「毎年の出来事」「生涯に出会った人々」「すべてを克明に記述できない」「ただ」その精神において記録に忠実に描き」「その人の心をうかがい知るのみである」と記された言葉から始まるのだが・・・・

この言葉の意味するものは、単にハリウッド映画であっても、娯楽として創られたものではなく、多少の誇張は有ろうと、事実に基づくものだと思われる。

この映画、ガンジーが暗殺されるところから始まるのだが・・・・

過去に私はこの映画を何度も見ている。

しかし、その都度、自分の精神レベルにおいて、受け取り方は随分違っていたと思う。

またこの映画が封切られた当時、私も30歳になりたてだと思うが、ガンジーの「無抵抗主義」というのが理解できなかった。

その後、歳を経るなりの受け取り方の違いは有れど、先ほどこの3時間に及ぶ大作を見た時、やっと64才にして、彼の言わんとすることが理解できた。

とはいえ、私も彼ほど「無抵抗」で有ることが、最大の武器であるという事は、頭では理解できても、まだまだ「目には目を」という、気持ちは完全には消えていない。

ただ、「いま」地球は大きく変わろうとしていて、3次元から5次元への次元上昇中だと言う。

次元上昇するという事は、要するに人々の「意識」があがることを意味する。

意識があがるとはどういう事か?

今まで、物事を悲観的に考えたり、楽観的に考えたり、ヒトそれぞれ受け取り方が違う。

しかし、次元があがれば「悲観的」な考え方が消滅するらしい・・・・

そして、否定的な考え方も無くなり、悪に対しても「許し」と言う考え方が、主流になると言う。

つまり、ガンジーの考え方やマンデラの考え方こそ、高次元の「意識」の有り方だと言う。

宇宙の「意識」の有り方も、実は彼らの考え方こそ、見本とすべきものであり、これから始まる新しい地球上の人類の生活の見本となるべき人であろうと思う。

(資)文化財復元センター おおくま


風に立つライオン

この作品が以前から見たいと思っていたものだが・・・・

いろいろとネット配信のサイトをハシゴすると、見放題で見れるサイトもあり、そこに移行することも考えたが、U-NEXTは現在値下げしていたので、ここに登録したものの、ココには有料の作品を見れるポイント付きで、そろそろここの値下げの期間が過ぎるので、やむなくポイントを使うための作品を探していた。

で、これを有料のポイントで見たのだが・・・

最後の主題歌を、さだまさしが歌っていて、原作もさだまさしだと言う。

しかも主人公は長崎大のアフリカの研究所へ出向した医師が、その後自分の意志で戦地近くの診療所へ移り、そして亡くなった・・・

その医師の話しなので、さだまさしも出身が長崎だから、たぶん実話だと思う。

現在の医学界は、決して患者の治療のためにあるのではなく、「営利」目的に、ガンや精神病患者を食い物にしている。

それは、疑いようのない事実だが・・・・

しかし、宗教の世界も同じだが、末端の医者の一部、或いは聖職者の一部は、自分の損得ではなく「世のため・人のため・・・」に命をささげている。

こういう人は、たぶん1/10に一人、いゃ1/100人に一人くらいの割合だと思うが、彼らこそ、これからの世界で必要とされる存在だと思う。


(資)文化財復元センター おおくま
 
 

いしゃ先生

Amazonプライム特典となっていたが、果たしてこれがゼロ円なのか、はたまた「週末特典100円」なのかは定かでない。



 

だけど、たとえ100円払ったとしても、おつりが何倍にもなって返ってくる作品であった。

戦前の山形の実在の女医の話しらしい・・・・

父親が村長で、村の予算を使い、診療所を建てた・・・

で、わが娘が医大を出て、修行中なのに、村に呼び返した。

娘は恋人があったのに、父親の遺志を継ぎ、村の診療所を開いたが・・・・

患者は、保守的でなかなか受け入れてもらえず、苦労するが、それでもがんばり10年後には村に無くてはならない存在となる。

この主題歌・・・・

海猿の1つの映画の主題歌を歌っていた女性が、唄っているのが、はっきりと判る。

両方とも共通するのが「ヒトの命」の尊さ・・・・

昨夜から久しぶりに家へ帰り、「海猿」のシリーズのビデオを、続けてみた。

何度見ても飽きない・・・

と、言うより、「心を洗う」ために、何度も見る。

私の仕事も、「命」を守るほど、高貴な仕事ではないが・・・

しかし、「ヒトのおもい」を「後世」に伝える、大事な仕事。

誰かがやらなければならない仕事を、私に任せてもらった、「神」に感謝をしている。

ヒトは本来、「自分の損得」など、無関係に、ヒトのため、世のために一生懸命努力し、そして生きて行けるだけの「経済力」は、保証されるべきだと思う。

それが保障されない「いま」の世の中が間違っている。

しかし、近い将来、それは解決するし、自分の損得など考えなくても、潜在意識の奥底の「集合的無意識」において、宇宙のすべてが繋がっていると言う。

それは、結果として『自分の即得』など考えなくても、まわりまわって『自分の元』に返ってくるという事に他ならない。

こういう世の中が、「いま」目の前に迫っている。

そういう時代になれば、私が言う「ヒトのおもい」の価値が、みんなに理解される世の中となる。

(資)文化財復元センター おおくま

このページのトップへ