2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログメニュー

またまた、映画「おくりびと」を見みた・・・・

この文章はすでに公開済みなのだが・・・

その後YouTubeではなく、有料の映画配信サイトで、何度もこの作品を見ている。

今日も見たが、実は数日前にも見ている。

で、また書く気になったのは、実はここにある40年前に亡くなった親父の実家が、山梨の万沢にある。

既におやじの代の兄弟はほとんど亡くなっているが、実家はその息子の代になっていて、よく墓参りの時に泊めてもらっていた。

そこの私の従弟もすでに亡くなり、その奥さんが1か月ほど前に亡くなり、葬儀に行ってきた。

その時も結局は私はその葬儀の記録写真を撮っていた。

 

で思うのだが、このおくりびとも、ヒトから嫌がられる仕事だが、しかし誰かがやらなければならない仕事。

それに着く人って、この作品を見ていて、本当に尊敬できる人だと思えてきたけど・・・

実は私の仕事の「画像による文化財復元」と言う仕事も同じで、誰かがやらなければならない仕事。

決してもうかる仕事じゃないが・・・

それでも導かれたことに感謝している。

******************************************************************

YouTubeで「おくりびと」を見つけた。

 

この映画は数年前に1度テレビで見た覚えがある。

 

 

この映画が賞を取った当時、私は葬儀の世界はそんなきれいごとではないと、ずっと思っていた。

 

いゃ、思っていたと言うより、事実、現実の葬儀の世界はあんな「」など、微塵もないことを私は経験している。

 

私が現在の「デジタル画像による文化財復元」の仕事を始めるきっかけとなったのが、24歳の時から写真を職業として長年やってきたが、「デジタル」の普及により、多くの専門職が消えてしまったが、「写真撮影」もその一つで、素人が撮った露出の間違った写真もPhotoshopで簡単にきれいになる。

 

 

そんな時代になると、専門家としてのカメラマンも仕事が無くなる。

それがきっかけで、Macを使って葬儀の「遺影」の制作を、試行錯誤で始めた。

ちょうど40歳前後だったと思う。

 

その技術を売り込みに「葬祭業」に出入りしたのだが、葬儀の世界は現実にはあんな綺麗ごとじゃない。

 

業者は付属する品物やサービスを外注しているが、その下代は、上代の半値以下はあたりまえ。

物によっては十分の一と言うものもあり、ぼったくりの商売であることを、外から見てきた。

つまり、質の良さより、仕入れ値の安さ、マージンの多さで、出入り業者を決める。

 

そんな世界で、私は質の良い「遺影」を作ってきたが、結局安い業者に押されて、その仕事をやめて、「文化財復元」の仕事を始めた。

 

そんな経験もあり、あの映画は見たいとも思わなかった。

 

 

 

ただ、数年前に見たときは、ソコソコいい映画だと言う印象を受けていたが、今日、2度目に見たとき、はじめてあの映画の本当の質の高さが解った。

 

  » 続きを詳しく読む

セレナ・キタキツネ号の驚異的燃費

ただ今帰りました。

実22日(木)の夕方に京都の仕事場を出て、宗像大社と高千穂を回って、エネルギーを貰い、1700キロを丸3日間で回って、26日(日)の夜の8時に無事帰り着いた。

実は去年の10月に、1年以上かけてレストアして、100万円以上かけた、「ルシーダ・キャノピータイプ・4WD・

ディーゼル」を、諏訪大社に参った帰りに、名古屋でスピード違反の車に横っ腹をぶつけられ、廃車になってしまった・・・・

現在裁判中なのだが、その車、すでにほとんど市場に出回っていないので、別の車を栃木の中古やで買って、乗って帰ったのが1週間前。

その車がセレナのキタキツネ号なのだが、念願の4WDのディーゼル・・・

このセレナのディーゼルエンジンは、以前から性能がいいことで有名なのだが、なんとルシーダの4WDディーゼルは2200ccなのだが、1リッターで10キロ程度の燃費なのに・・・

今度のセレナは2500ccのエンジンで、一般的には10~12キロと言われているのに、栃木から諏訪大社経由で帰ってきたら、なんと13.5キロも伸びていた。

それならと、今度は九州まで入ったのだが・・・

走行状況としては地道なのに、一度走り出したら2~3時間ノンストップ状態で、50~60キロ程度の定速走行でなんと「14.2」まで伸びた。

で、宗像大社から高千穂へは阿蘇のすそ野を横切るのだが、かなりの高低差とヘアピンカーブの連続なのに「12.6」という数値を示した。

実に信じられないような燃費の良さと、結構機敏なエンジンだし、アクセルもルシーダのディーゼルに比べると軽いし、運転はしやすいのだが・・・

一つ欠点があり、ヘッドライトの型番がとても特殊で、HIDやLEDのライトがほとんど手に入らない状態。

やむなく、ハロゲンランプを明るいものに変えたけど、今日みたいに雨が降ると、地面に光が吸収されてとても危険。

徐々にまたルシーダの時のように、いろいろと手を入れようと思う。

(資)文化財復元センター  おおくま

 

X-ファイル 2016

Xファイルを昔は時々見たのだが・・・

新しく「X-ファイ 2016」と言うシリーズがアメリカでははじまっているらしく・・

Huluでそれを見ている・・・

今回のシリーズは、最近ET関係の情報が公開されはじめ、かなりリアルな話となっている。

その第5話で、イスラム教の自爆テロリストの話しなのだが・・・

モルダー捜査官が、その話の中で「言葉や考えに重さがある・・・ 」と、ある女性捜査官に話すのだが・・・

それをその捜査官は、信じようともしなかったが、結局その話の最後にはそれを信じるようになる。

実は私は常々「文化財の価値は物質にあるのではなく、そのナカミに価値がある」と言い続けているのだが、これは顕在意識の私の考えではなく、潜在意識から与えられたものである。

これは、量子力学的にいうと、物質もひとの「おもい」も、同じ「波動」であり、突き詰めれば物質とは、ほとんど空間の中に、電子だか原子だかが、グルグル回っていて、ほとんどは空間だと言う。

同じように人の思いも、実は物質と同じもので、いうなればそれも「思いにも重さがある」と言えるのかもしれない・・・

顕在意識の知識ではそんな馬鹿なと思えても、潜在意識の世界では、それは同じ価値を持つものだと思う・・

(資)文化財復元センター おおくま

変な夢をみた・・・

覚醒夢」と言う言葉をご存じだろうか?
普通の夢はただそれを見ていると言う感じだけど、この覚醒夢はむしろ現実以上にリアル感があり、またそれを見ているときに自分を夢を見ているのだと言う「自覚」があり、さらにその夢のストーリーに自分が関わり、ストーリーが自分が思うように変わっていく・・・・
そんな特徴があるのだが、私はその覚醒夢をよく見る。
いくつかは数年経っても、はっきりと覚えていたりする。
そんな話を何度かブログに書いているのだが、数年前にその夢の中でどういう展開からか、自分が何やら川なのか?水の流れのある中で下半身だけ浸かっている状態なのだが、浸かっているのに何やら海水パンツなのか、白い下着のパンツをはいているのでないらしく。
そのパンツの中に、真っ黒なウンコのようなものが、いっぱい溜まっていて、それを水の流れの中で洗い流しているような変な夢を見た。
でも決して汚いと言う感じはしなかった。
当時、ネットで検索すると、ウンコの夢は大金が手に入るとあったので、喜んで待っていたのだが・・・・・
一向にそんな兆しはなかった。
その後一度だけ大きな金が入る仕事には恵まれたが、その頃にはそんな話は忘れていた。
なのに、実は去年の11月に埼玉に出張する仕事が入り、その途中にいつものように諏訪大社に参った。
ところがいつものように木曽の道の駅で、夜遅くに買ってきた弁当を食べながら呑んでいたのだが、どういうわけか急にお腹が痛くなり、すぐ横のトイレに行こうとしたのだが・・・
たった50メートルほどの距離なのに、トイレにつく前に歩いている途中で、下痢のような感じになり、我慢できなくなったと思ったとたん・・・
汚い話のようだが、歩きながら黒いウンコが、たっぷりと出始めて止められない状態となった。
で、結局トイレでその黒いパンツの中のウンコを洗い流し、翌日諏訪大社のそばの温泉につかったり、コインランドリーで下着を洗った。
その時も確かに黒いウンコなんだけど、硬いものでもないし、下痢便のように水ぽいものでもなかった。
あとでそれが数年前に見た夢が、現実になったと実感した。
で、またおもしろいことに今年になってAmazonで「私は宇宙人」と言う、電子本を買った。
それは日本の中年の女性が書いたものだが、バリ島に住んでいるらしく、ある時突然自分は宇宙人だと気が付いたらしい・・・
地球には彼女に限らず、元々別な星で生活していたものが、地球のアテンションの手伝いのために、地球に転生したものが大勢いて、彼らを「ワンダラー」と呼ぶらしい・・・
実は私もその一人だと思うのだが・・・
その彼女の本の中に、電子本からはコピペできない様なのだが、同じような生まれ変わりの人と会った時に、急にトイレに行きたくなり、そこで私と同じように真っ黒なゲル状のものを大量に出したと言う話が有った・・・
つまり彼女は穢れているので、その穢れを洗い流されたと言う・・・
全く私と同じ経験をしているらしい・・・
実は私も数年前から、ホ・オポノポノに出てくる「ブルーソーラーウォーター」をずっと飲んでいて、何となく体が浄化されていると感じていたり、2年程前に気が付くと頭の右後頭部に、何やらぶつけた時にできるこぶのようなものがあるのに気が付いた・・・
それが頭を打った覚えもないし、いつの間にかそのコブがブヨブヨに柔らかくなり、水が溜まってきた。
これは夢ではなく、現実に有った話なのだが、ちょっと心配になり、易神さまに聞いてみたが・・・・
何度聞いても「気にするな」「大事には至らない」と出る・・・
とは言われても、頭の事だから、一寸気になっていたが、いつの間にかそのコブも消えた・・・
この話、最近になって知ったのだが、闇の勢力が人類を家畜化するために、埋め込んだものがあるらしく、コブラもそれを無力化しょうとしているらしい・・・
どうもそれの事じゃないかと思うのだが・・・
最近、地球は3次元から5次元へ移行し始めているらしい・・・
つまり物質世界から、精神世界に移行しているわけだが、数年前から私の体の内部は「浄化」が始まっている様で、面白い話なのだが、最近トイレでウンチのにおいが変わったことに気が付いた。
つまり、普通のウンコのように、臭い感じがしなくなり、少し香ばしいいい匂いに変わりはじめた。
と、前置きが長くなったが、実は先ほどイスを倒して昼寝をしていたら・・・
また覚醒夢らしいものを見た。
それは事務所の床にゴミがたまっていたので、掃除機で吸い取ろうとしていたら・・・
どういうわけはそのゴミと言うか、埃のようなものの量が、あの黒いウンコの時と同じように「大量」にあり、掃除機では吸い込めないほどになり、結局自分が床に這いつくばり、両手を広げてその埃のようなものをかき集めている夢なのである。
当然、何時ものように夢の中のストーリーは自分の思う方向に展開していく。
そこで目覚めたのだが・・・・
確かに少しは現実もゴミがあるので、起きてから掃除機をかけたが、現実は夢ほどひどくはない。
この夢、単に夢で終わるものではないことに、今までの経験からはっきりわかる・・・
また、私の周りで「さらに浄化」が進められているように思う。
(資)文化財復元センター おおくま

ミスターベースボール Hulu

私は子供のころから全く野球には興味が無い・・・
  
暮れにHuluに登録したのは「高倉健」の映画がいくつかあったから・・・・
そのほとんどは見ていたり、盛りを過ぎた高倉健で、あまり興味もないものが多かったが・・・
まさか「ミスターベースボール」と言う映画が、日本を舞台して、高倉健が中日ドラゴンズの監督役だとは・・・
興味が無かっただけに知らなかった。 ただ、この作品、アメリカの大リーグで成績を落とし、行くところが無くなった選手を、高倉健扮する中日ドラゴンズが指名したと言う・・・
その選手・・・
日本には来たものの、アメリカ流と、日本流の野球の違いに、随分と戸惑ったが・・・・
結局高倉健の娘と付き合ううちに、「日本流の良さに少しずつ解りはじめ、高倉健も「アメリカ流」の良さを取り入れ始める・・・
最近ネットで、やたらと韓国や中国を批判する話が多いのだが・・・
多くの日本人はそんな話に共感を覚え、さらに中国や韓国に反感を募らせる・・・
だけど゜・・・・
こういうものに一度「意識」を合わせると・・・・
いつまでたっても、そこから抜け出せない。
しかもそれが事実ならともかく、我々人類を家畜として扱い、90%を抹殺しょうとする闇のやつらは、各国の人々が仲良くなり、1つに団結すると、多勢に無勢であり、人数的に抑えられなくなる・・・
その為に各民族は対立し、歪み合い、憎み合わせるために、お互いの感情を裏から煽っている・・・・
その事に気が付かない人びとは、いつまでたっても相手を理解できないし、助け合おうとも思わない・・・・
でももうじきその煽っている輩が、殲滅される・・・・
本当の民族や文化の違いは、「認め合う」もの、そして「学びあうもの」なのだが・・・・
この映画・・・・・
その野球と言う狭い世界の中にも「アメリカ流」と「日本流」の違いがあり、それは最初は相手を否定していても・・・
いずれ互いに相手を「認め合う」ことで、それぞれの良さが「相乗効果」として、2倍どころか、3倍にも4倍にも膨れ上がる・・・・
そういう互いの良さを描いた素晴らしい作品だと思った。

(資)文化財復元センター おおくま

このページのトップへ