2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログメニュー

フラガール

私は好んで何度も見る作品が、何本もある。

「阿弥陀堂だより」「60歳からのラブレター」「おくりびと」そして「フラガール」・・・

もちろん別格として「海猿」のシリーズは、配信サイトでは見かけないので、一式DVDを買ってある・・・

で、何故何度もこれらを好んでみるのか?

それは「こころ」を整え、「前向き」に気持ちをさせてくれる。

ナカミそのものは、決して明るいばかりの話しじゃない・・・

だけど・・・

そこには、特に日本人の好む「情」が描かれている。

そこに心を打たれ、気持ちを洗い・・・

そしてピュアな気持ちに戻してくれる。

私は、心は「ピュア」で有るべきだと思っていて、よく精神世界では「波動をあげる」と言うが、量子力学の世界では、物質も光や音や、そして人間の気持ちもすべては「波動」だと言われる。

しかしながら、そんな波動を我々の五感では感じることはできない。

それをもし人が何となく理解できるとしたら・・・

それは「意識」と言う言葉だと思う。

そう・・・

意識には明らかに高低が存在する。

低いものほど、俗っぽく「欲」まみれであり、高い意識ほど、神のごとく穢れなく、欲から遠い存在だと思う。

そういう「意識」の工程を考えた時、人は意識して、自分の意識をあげたり・下げたりできる。

俗っぽいものから遠ざかり、欲どおしい事を考えず、もっと純粋な「意識」・・・

それが高次元の意識だと思う。

そういう意識を自ら身に付けるには、こういう作品や本を読み「感動」するのがいちばんだと思う。

(資)文化財復元センター おおくま

海猿のシリーズ

と、いきりいいかげん話になるが・・・

私は過去何回も手持ちの「海猿」のDVDを見てきた。

 

で、はっきり言えるのは、みんなフジテレビと言うと、スグに反韓意識で悪く言うけど、少なくてもこの「海猿」を作った現場のスタッフは・・・

 

けっしてハリウッドに負けることのない、映画を創り上げたと、私ははっきりと言いたい。

つまり私は「的レベル」を重視するのだが、ハリウッドは有りもしないものをあたかも事実であるように、CGで見せることは得意でも、この映画のシリーズのように、現場で救援活動に命をかける人々の「おもい」など、けっしてハリウッドでは見ることができない。

だけと゜・・・・

このシリーズにはそれが描かれている。

その価値を採否を浮かすべきだと私は思う。

やっと、京都新聞が届いた・・・

以前にお知らせした京都新聞に11/13日の日曜日に載ったらしいが・・・

当日わざわざコンビニで新聞を買うほどでもないと、そのまま読んでいないのだが、やっとのことで本日、担当記者から新聞が届いた。

結構スペース的には大きく取り上げられているのだが、やはり読者の問い合わせは無かった。

(資)文化財復元センター おおくま

ネット用

少しは、平成いゃもとい! 平静を取り戻したらしい・・・

先週の土曜日に「嵐にしやがれ」の放送があり、その終了直後には、300近いアクセス数がすでにあった・・・

12時までのアクセスが353となり・・・

なんと翌日は2千を超えるとんでもないアクセスがあったのだが・・・・

関係者から、嵐に関する情報をファンが求めているらしく、収録状況等の削除依頼があり、急いで削除したのだが・・・

その後もアクセス数は常軌を逸した勢いだったが・・・

NHKの「よみがえりマイスター」の放送と比べ、アクセス数ははるかに今回の方が高いのだが・・・

そのアクセス記事のほとんどは、ブログの嵐に関するもの・・・・

肝心なわが社の「デジタル復元」の記事のアクセスは少ない・・・

当然、よみがえりマイスターは、中高年が対象だから、うちの技術に対する関心は高かった。

ところが今回は、検索キーワードの中に「精華町」と言う単語まで出てきた・・・

我々の年代と違い、タレントの追っかけとでもいう若い娘が多いらしく、記事の削除は確かに正解だった。

さて、やっと昨日のアクセス数は「367」なのだが・・・

そのなかの多くのものは、あれを見てうちの技術に興味を持った人なのか?それとも元々そうい言う技術を必要とする人なのか・・・

半分以上はうちの技術に関する記事へのアクセスだった・・・

やっと、正常化に戻りつつある・・・

(資)文化財復元センター おおくま

ラボ棟見学ツァー

本日けいはんなプラザで「ビジネスメッセ」が開催されていたのですが・・・

数年前までは、当社も展示していましたが、一度も仕事に結びついたことが無いので、今は参加していない。

それでも、管理事務所が主催して、ラボ棟見学ツァーが行われ、午後から2回に分けて、20人弱が見学に来た。

と、言ってもたったの15分間なので、口で説明するより、テレビ取材の動画を見てもらった。

(資)文化財復元センター おおくま

_DSC6075

このページのトップへ