2021年1月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログメニュー

【緊急放送】は、来週予定されているらしい・・・

やっぱり前から言われていたように、来週中(1/18~24日)の間に、【全世界】に向けて放送されるらしい。

内容は

————————–

序章 昔々、すべての闇は地球上に広がった。
第1章 地上の民のために光は闇を照らす機会をうかがった。
第2章 1954年、アイゼンハワー大統領が光への裏切りにより暗黒時代へ
第3章 闇からいちずの光が 1963年にそれはケネディと共に消え去った。
第4章 光が立ち上がる機会を得た。1999年5月ある勢力との協調が始まり、光と闇の最後の戦いが始まった。
第5章 トランプが約束通り動きだした。2017年より地上の闇を葬り去る本格的な作戦が開始される。
第6章 2020年12月 光は地上以外の闇をすべて葬り去った。

ここからは未来です。

第7章 2021年 ついに地上で光は全ての闇を葬り去る。
第8章 人類は地上で新たな新時代へ


—————————–

らしい・・・・

で、とうとう映画のクライマックスらしい・・・

トランプは「米国から危険がなくなる迄大統領を務める。中共が支配するCIA、FBI、議員ら

反逆者らを全員逮捕する迄大統領を務める」と宣言した。

トランプはこれからも米国の大統領でいるということ。米軍の放送用の特殊作戦軍機(EC130J)が緊急放送システムを稼働するために米国東部で待機。

来週の緊急放送は全世界向けです。言語も各国そろってます。

緊急放送は(単に米国内だけでなく)世界的なものになるでしょう。

 (バイデン氏が)就任式を行えば、その場で叛逆罪が成立して即 逮捕です!

オバマ前大統領の8年間で、米国の多くの機密情報が中国に渡った。そして中共スパイが各政府機関、他に入り込んだ。もうすぐオバマの悪事が明るみになる。オバマは反逆罪で逮捕される。終身刑か死刑となる。

トランプに最後まで反発するメディアは、緊急放送期間中に一夜にしてライセンスが取り消されます。つまり、彼らの放送は継続できなくなります。彼らは真実を一切報道しませんでしたから、このような報いを受けるのです。

トランプはWHの悪者たちだけを排除しているのではない。トランプはバッキンガム宮殿、英国会議事堂、上下院議会(米政府だけでなく)英政府、スペイン政府、ドイツ政府、イタリア政府、フランス政府、豪政府、ニュージーランド政府、南アフリカ政府、カナダ政府を含む世界中の邪悪な場所を略奪します。

(資)文化財復元センター おおくま

やっと終焉を迎えた

ここ1~2日、トランプとその仲間たちが、どうも裏で秘密作戦が行われた結果、完全に勝利を遂げたらしいという【情報】が表に出てきた。

もちろん去年の暮れあたりから、【トランプ大好きおじさん】の元に【ワシントンの関係者】と名乗るものから幾度もメッセージが届き、【1/20日にはトランプが間違いなく就任する】と言っていたが・・・・

しかし、その情報そのものが信頼できるか否か?

ずいぶんと話題になっていたが、結局結果はトランプ側がデュープステートを成敗し、とうとう【GESARA】が現実のものになるらしい・・・

もともと精神世界を探求し始めて、いつの間にか【宇宙】【異星人】という分野へと繋がって、そしてGESARAの存在を知った。

しかし、それが実現するまで、私が知ってからも4~5年たってしまい、【ホンマに実現するんかいなぁ・・・】と疑いながらも、くまがキリンになって待ち焦がれていた。

でも、アメリカに関しては【トランプ】のような人と、それを裏で支えた【正義派の軍人たち】がいたけど、わが【ニッポン国】のこととなると・・・・

いまだに【バイデンが次期大統領】とのたまい続けるマスコミと、いまだに【日本人】を搾取する自民党とまたぐるになった与党が政治を牛耳っている。

果たして、【誰が】そして【どの時点で】、GESARAへと導いてくれるのか??

そこんところが、イマイチ想像できない・・・・

(資)文化財復元センター おおくま

新年、明けまして・・・

私はここ数年、いゃ十数年、この手の言葉を発することを好まなかった・・・

そして、この仕事に導かれ、20年試行錯誤でこの技術をここまで創り上げた。

しかし、その間、私をこの仕事に導いた【目に見えない不思議な力】の正体を知りたいと、【精神世界】に足を踏み入れた。

それからすでに7~8年は過ぎたと思うが、精神世界とは何ぞや?と考えたとき、よく言われることだが、人の本質は【肉体】にあらず【魂】であるといわれているが、じゃその【魂】とは何か?

それは3次元の存在である【肉体】を操縦する【高次元】の存在だということ。

それは、人間の【目】では見ることができない。

3次元の我々でさえ、【目】で見える【存在】は、ごく一部でしかなく、ましては3次元より上の存在を、3次元の存在からは確認できない。

その最たるものが【おもい】であり【意識】である。

それらに【かたち】も無ければ、五感のどれを使っても確認することはできない。

しかし、人の思いは明らかに存在し、また我々誰もがそれを否定できない。

その【思い】を形にしたものが【文化】であり、さらにそれを【目に見える形】にしてものが【文化財】なのだが、しかし愚かな3次元意識しか持たない「研究者」や「行政の担当者」は、それらを【物質】としてしか【認識】できない。

もちろん【無形文化財】もあるのだが、そうではなく、仏像・建築物・書画などの【形】を有するものに関して言えば、そこに作者の「おもい」が込められ、そしてその思いが【価値ある】が故の【文化財】という存在であり、【骨董品】とはそこが違う。

然るに、その【おもい】には形が無く、確かめることができない。

文化財の本当の価値は【おもい】という、目に見えないけど、確かに存在するものが、【込められてている】からこそ、価値がある。

私の【画像による文化財復元による】とは、その【おもい】を復元し、後世に伝えるもの・・・

でも、今までそれを理解できる人は、皆無に近かったが、今【地球】は3次元から5次元へ上昇しているといわれる。

その5次元の地球に住めるのは、5次元の【意識】を持った人間だけ・・・

そのための人々の【意識の次元上昇】の手伝いのために、異星人の魂を持った多くの人々が、人類の【目覚め】を促す手伝いをしている。

私も【たぶん】その一人だと思うが、今世界では大きく変わろうとしていて、トランプと彼の仲間はそれを実現するために、私欲を抑え、がんばってくれており、それが今年の1/20の就任式前後に世界は大きく変わる。

【GESARA】が実現するらしく、【日月神示】がいう【弥勒の世】が始まるらしい・・・

実に【あけまして】そして【おめでとう】と言える年である。

PS

私の復元した【笠置寺の弥勒磨崖仏】の復元は、たぶんその一翼を担っていると私は信じている。

(資)文化財復元センター おおくま

嘘か真か・・・・

嘘か真か・・・・

以前にも一度リンクしたのだが・・・・

私はツィッターをやらない主義である。

理由は、文字によるコミュニケーションには限度がある。

ほとんどの人は気がつかないようだが、「文字」と言うか、「言葉」と言うか、つまり「単語」には実は人それぞれ抱くイメージが微妙に違う。

たとえば、「赤いバラ」や「青い空」と言った場合、実は人それぞれ、イメージする色は同じ赤でも、同じ青でもまったく同じであることはありえない。

と言うことは、実は自分の考えを文章にした場合・・・・

自分ではその文章で、ちゃんと伝わるはずだと思っているのだが、実は「受け取り手」は、それと同じイメージをその文章から受けては居ない。

実は各自、その文章から違ったものを想像していたりする。

でも、互いにそれを確認しあおうとはしない。

当然伝わっていると思っているから・・・・

でも、仮にそれを互いに確認し合ったとしたら、自分の思いが正しく伝わっていないことに気づくはず。

と、前置きが長くなったが、私はブログでもメールでも、書く文章が長い。

それは可能な限り「自分の思い」を正確に伝えたいがために、専門用語や難しい言葉は使わず、できるだけ誰でも知っている「易しい言葉」を使い、「抽象的」な言葉を使わない。

つまりイメージするものが違わないように・・・・・

と、ずいぶん回りくどい話だが、ツィッターみたいに短い文章のやり取りは、誤解を生む可能性が高い。

だから私はツィッターをやらない。

だけど今、ツィッターで話題になっているのが「QFS資金が開放された」と言う話。

これはNESARAやGESARAの話と関係するのだが、もうじき大きく世界が変わり、今までわれわれを搾取してきた少数の特権階級の富を、われわれに解放しようとするイベントの話。

数年前から私はそれを待ちわびているのだが、うわさは常にあるが、しかし実現したことを確認できない。

ところが今回の話は、ずいぶんと話が進んでいるし、資金開放が真っ先に行われるのが日本であると言う。

興味のある人は https://note.com/mirokuearth/m/mef11357e4338 をごらんあれ・・・・

(資)文化財復元センター おおくま

「引き寄せの法則」の量子力学的根拠・・・

今朝、facebookにリンクされている記事で、面白いものを見つけた。
「量子論と脳科学ベースの引き寄せ理論」


「人が『光』を発して引き寄せている科学的根拠」

と言う記事なのだが・・・・

私はこの仕事を始めるにあたり、ずいぶんと不思議な経験を数多くしている。
目に見えなくなった文化財等に残る『痕跡』から、製作当時の姿を復元するものなのだが、人間の目には光の中のごく一部しか見えない構造になっているのだが、しかし赤外域や 紫外域には、まだ「情報」が残っていることがある。
それを『画像』として視覚化するのが、私の技術である。

そして、文化財の価値は『物質』にあるのではなく、その『なかみ』こそ、残すべきものだというのが、私の持論である。
しかしこのことを、多くの専門家は理解できないらしい・・・

その「なかみ」とは、製作者の「思い」であり、言い換えれば、製作者の「意識」ともいえる。

宇宙で一番大事なものは、その「意識」だといわれているのだが、「意識」は物質界の3次元より高い次元にあるといわれている。
その「意識」にもまた「レベルの差」と言うものが存在するらしい・・・

よく「高次元の存在」と言う言葉を聞くが、つまり最終的には「神」というか「宇宙の創造主」のレベルにたどり着くらしい。

と、話は横道にそれたが、「引き寄せの法則」と言うのを耳にした人は多いと思う。
この言葉は「精神世界」で聞く言葉なのだが、簡単に言うと、「自分の願いは実現する」と言われているが・・・
仮に複数の人が、自分の都合のいい願いをしたとする。
しかも問題なのは、その願いはまるっきり「正反対」のものだとしたら・・・
果たしてそれは両方ともかなうのだろうか?という矛盾点が出てくる。
私はずいぶんとその問題をクリアできないで居た。

精神世界では有名な「津留晃一」と言う人がいる。
その人の文章にも出てくるのだが、自分を取り巻く世界は、実は「自分の意識」が創りだしたものに過ぎないという。
例えば「一人の人」を複数の人間が見た場合、「それぞれ違う姿」としてみているに過ぎず、その人「本人の実像」とはかけ離れているといわれる。

そのことは、誰でもなんとなく理解できると思う。

ただそこで問題なのは、他人と言う存在やあるいは自分を取り巻く世界と言うのは、実は万人共通の世界ではなく、それぞれ「個別」の世界に生きていることを意味し、それを作り出しているのが、「本人の意識」だということになる。

前置きが長くなったが、まずこのことが理解できていないと、この話は理解できない。

その「引き寄せの法則」を量子力学的に説明したのが、先ほどのページだと思う。

そこで言われているのは「フォトン」と呼ばれている素粒子があるらしい・・・
そのフォトンは「光子」と呼ばれ、「光」の元になるものらしい。

で、実は「人」もその「光子」を発しているらしい。

ここでは何故それが引き寄せの法則に繋がるか?
そのたとえ話として
——————————————————————–
ちょっと話が飛びますが、ここで「テレビが映る原理」を説明させて下さい。(^ε^)♪
あなたが4チャンネルのテレビを観ようとした場合、チャンネルを4に合わせますよね。
その時、あなたのテレビのアンテナからは4チャンネルの周波数が発信されています。
一方で、東京タワーやスカイツリーのような電波塔からも4チャンネルの周波数が発せられています。
あなたのテレビから発せられている4チャンネルの周波数と、電波塔から発せられている4チャンネルの周波数が共振し、その結果あなたのテレビの画面に4チャンネルの映像が映ります。
ざっと言うとこんな仕組みになっているんです。
話を元に戻しますね。


あなたから、バイオフォトンという光が発せられているということは、波が出ているということでもあります。
で、波ということは周波数があります。

そして、その周波数はあなたの意識です。

こんな風に考えてみて下さい。
あなたの意識が「喜び」というチャンネルを選択したとします。
そうすると、あなたの体全体から「喜び」という周波数が発せらます。
一方で、量子力学の概念の中に、「ゼロ・ポイント・フィールド」というものがあります。
そこは宇宙に存在する全ての源であり、時間や空間を超えた全てがあるという、空間に偏在する「場」です。
で、そのゼロ・ポイント・フィールドは、テレビで言えば電波塔であり、その電波塔から発せられた電波でもある。
そこには時間や空間を超えた全てがあるので、あなたの意識という周波数に共振する周波数も当然ある。
そして、実際にあなたから発せられた周波数に共振した現実を、あなたの目の前にある体感型ホログラム映像として展開している。
つまり、あなたの意識に呼応した現実が、あなたの目の前で展開しているということです。
逆を言えば、あなたが発した周波数の現実しか、あなたは見れない、ということでもあります。
だって、4チャンネルの周波数を出している時に、6チャンネルの番組は観れないでしょ?
それと同じことです。(^_^)
そういう意味でも、あなたの目の前に展開している現実は、あなたの意識の鏡なんです。
以前にもブログでご紹介しましたが、映画「マトリックス」のワンシーン。
救世主と目される子供達が集まる部屋で、スプーン曲げをしている少年に主人公のネオが出会います。
そこでその少年はネオにこんな話をします。

少年「曲げようと思ったら曲がらないよ。そうじゃなくて真実を見ようとしなきゃ」

ネオ「真実?」

少年「スプーンはないんだ」

ネオ「ない?」

ネオ「曲がるのはスプーンじゃなくて、自分自身だよ」

その意味をくみ取ったネオはスプーンを曲げます。

ほんの数秒の会話ですが、全ては自分の意識が作っているということを語っている、非常に深〜い場面です。(*^.^*)
「いやー、そうは言っても。。。(-“-;A」という感じは理解できますよ。
「全ては自分の意識が作っているなんて、とてもじゃないけど信じられない」というのが正直なところだと思います。(。-人-。)
でも、最先端の科学はここまで来ちゃってるんです。
つまり、現実は意識が作っているということです。


———————————————————————-
 つまり、ここで言われているのは、テレビの電波を、単に受像機は「受けている」だけではなく、自分自身がそれに「同調」する電波を発しているということらしい。

それが「共振」して、そのチャンネルの映像は映るということらしい。

それと同じことが、「人」にも言えて、ネガティブな意識を持つものは、ネガティブな現実を引き寄せ、ポジティブな意識を持つ、いゃ「発して」いる者は、ポジティブな現実を引き寄せることになるということらしい。

そして、最初にそれぞれ正反対の願いを持つものが、それぞれの願いがかなうのだろうか?
と言う問題については、彼は『体験型ホログラム』だと言っている。

よく人間の本質は『魂』であり『物質界』は、虚像だといわれているが・・・・
正にそれが『量子力学』の力で、説明されている。

ただ、精神世界に興味を持ち、ある程度探求したものには、その意味を理解できるが、『物欲』に縛られている多くの人々には、その意味が理解できないらしい・・・

実は昨日も体験したのだが、自分自身の意識が『創りたした』相手の姿なのに、あたかもそれが実在の相手の姿だと勘違いしているのだが・・・・
いくら『自分の意識』が、相手の姿を創りだしていると説明しても、まったく理解できないでいる。

すべては自分の意識を変えれば、自分を取り巻く世界は『違って見える』と言う、いたって簡単な話に過ぎないのに・・・

 

(資)文化財復元センター  おおくま
 

 
 


 

このページのトップへ