2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログメニュー

「引き寄せの法則」の量子力学的根拠・・・

今朝、facebookにリンクされている記事で、面白いものを見つけた。
「量子論と脳科学ベースの引き寄せ理論」


「人が『光』を発して引き寄せている科学的根拠」

と言う記事なのだが・・・・

私はこの仕事を始めるにあたり、ずいぶんと不思議な経験を数多くしている。
目に見えなくなった文化財等に残る『痕跡』から、製作当時の姿を復元するものなのだが、人間の目には光の中のごく一部しか見えない構造になっているのだが、しかし赤外域や 紫外域には、まだ「情報」が残っていることがある。
それを『画像』として視覚化するのが、私の技術である。

そして、文化財の価値は『物質』にあるのではなく、その『なかみ』こそ、残すべきものだというのが、私の持論である。
しかしこのことを、多くの専門家は理解できないらしい・・・

その「なかみ」とは、製作者の「思い」であり、言い換えれば、製作者の「意識」ともいえる。

宇宙で一番大事なものは、その「意識」だといわれているのだが、「意識」は物質界の3次元より高い次元にあるといわれている。
その「意識」にもまた「レベルの差」と言うものが存在するらしい・・・

よく「高次元の存在」と言う言葉を聞くが、つまり最終的には「神」というか「宇宙の創造主」のレベルにたどり着くらしい。

と、話は横道にそれたが、「引き寄せの法則」と言うのを耳にした人は多いと思う。
この言葉は「精神世界」で聞く言葉なのだが、簡単に言うと、「自分の願いは実現する」と言われているが・・・
仮に複数の人が、自分の都合のいい願いをしたとする。
しかも問題なのは、その願いはまるっきり「正反対」のものだとしたら・・・
果たしてそれは両方ともかなうのだろうか?という矛盾点が出てくる。
私はずいぶんとその問題をクリアできないで居た。

精神世界では有名な「津留晃一」と言う人がいる。
その人の文章にも出てくるのだが、自分を取り巻く世界は、実は「自分の意識」が創りだしたものに過ぎないという。
例えば「一人の人」を複数の人間が見た場合、「それぞれ違う姿」としてみているに過ぎず、その人「本人の実像」とはかけ離れているといわれる。

そのことは、誰でもなんとなく理解できると思う。

ただそこで問題なのは、他人と言う存在やあるいは自分を取り巻く世界と言うのは、実は万人共通の世界ではなく、それぞれ「個別」の世界に生きていることを意味し、それを作り出しているのが、「本人の意識」だということになる。

前置きが長くなったが、まずこのことが理解できていないと、この話は理解できない。

その「引き寄せの法則」を量子力学的に説明したのが、先ほどのページだと思う。

そこで言われているのは「フォトン」と呼ばれている素粒子があるらしい・・・
そのフォトンは「光子」と呼ばれ、「光」の元になるものらしい。

で、実は「人」もその「光子」を発しているらしい。

ここでは何故それが引き寄せの法則に繋がるか?
そのたとえ話として
——————————————————————–
ちょっと話が飛びますが、ここで「テレビが映る原理」を説明させて下さい。(^ε^)♪
あなたが4チャンネルのテレビを観ようとした場合、チャンネルを4に合わせますよね。
その時、あなたのテレビのアンテナからは4チャンネルの周波数が発信されています。
一方で、東京タワーやスカイツリーのような電波塔からも4チャンネルの周波数が発せられています。
あなたのテレビから発せられている4チャンネルの周波数と、電波塔から発せられている4チャンネルの周波数が共振し、その結果あなたのテレビの画面に4チャンネルの映像が映ります。
ざっと言うとこんな仕組みになっているんです。
話を元に戻しますね。


あなたから、バイオフォトンという光が発せられているということは、波が出ているということでもあります。
で、波ということは周波数があります。

そして、その周波数はあなたの意識です。

こんな風に考えてみて下さい。
あなたの意識が「喜び」というチャンネルを選択したとします。
そうすると、あなたの体全体から「喜び」という周波数が発せらます。
一方で、量子力学の概念の中に、「ゼロ・ポイント・フィールド」というものがあります。
そこは宇宙に存在する全ての源であり、時間や空間を超えた全てがあるという、空間に偏在する「場」です。
で、そのゼロ・ポイント・フィールドは、テレビで言えば電波塔であり、その電波塔から発せられた電波でもある。
そこには時間や空間を超えた全てがあるので、あなたの意識という周波数に共振する周波数も当然ある。
そして、実際にあなたから発せられた周波数に共振した現実を、あなたの目の前にある体感型ホログラム映像として展開している。
つまり、あなたの意識に呼応した現実が、あなたの目の前で展開しているということです。
逆を言えば、あなたが発した周波数の現実しか、あなたは見れない、ということでもあります。
だって、4チャンネルの周波数を出している時に、6チャンネルの番組は観れないでしょ?
それと同じことです。(^_^)
そういう意味でも、あなたの目の前に展開している現実は、あなたの意識の鏡なんです。
以前にもブログでご紹介しましたが、映画「マトリックス」のワンシーン。
救世主と目される子供達が集まる部屋で、スプーン曲げをしている少年に主人公のネオが出会います。
そこでその少年はネオにこんな話をします。

少年「曲げようと思ったら曲がらないよ。そうじゃなくて真実を見ようとしなきゃ」

ネオ「真実?」

少年「スプーンはないんだ」

ネオ「ない?」

ネオ「曲がるのはスプーンじゃなくて、自分自身だよ」

その意味をくみ取ったネオはスプーンを曲げます。

ほんの数秒の会話ですが、全ては自分の意識が作っているということを語っている、非常に深〜い場面です。(*^.^*)
「いやー、そうは言っても。。。(-“-;A」という感じは理解できますよ。
「全ては自分の意識が作っているなんて、とてもじゃないけど信じられない」というのが正直なところだと思います。(。-人-。)
でも、最先端の科学はここまで来ちゃってるんです。
つまり、現実は意識が作っているということです。


———————————————————————-
 つまり、ここで言われているのは、テレビの電波を、単に受像機は「受けている」だけではなく、自分自身がそれに「同調」する電波を発しているということらしい。

それが「共振」して、そのチャンネルの映像は映るということらしい。

それと同じことが、「人」にも言えて、ネガティブな意識を持つものは、ネガティブな現実を引き寄せ、ポジティブな意識を持つ、いゃ「発して」いる者は、ポジティブな現実を引き寄せることになるということらしい。

そして、最初にそれぞれ正反対の願いを持つものが、それぞれの願いがかなうのだろうか?
と言う問題については、彼は『体験型ホログラム』だと言っている。

よく人間の本質は『魂』であり『物質界』は、虚像だといわれているが・・・・
正にそれが『量子力学』の力で、説明されている。

ただ、精神世界に興味を持ち、ある程度探求したものには、その意味を理解できるが、『物欲』に縛られている多くの人々には、その意味が理解できないらしい・・・

実は昨日も体験したのだが、自分自身の意識が『創りたした』相手の姿なのに、あたかもそれが実在の相手の姿だと勘違いしているのだが・・・・
いくら『自分の意識』が、相手の姿を創りだしていると説明しても、まったく理解できないでいる。

すべては自分の意識を変えれば、自分を取り巻く世界は『違って見える』と言う、いたって簡単な話に過ぎないのに・・・

 

(資)文化財復元センター  おおくま
 

 
 


 

プラス・マイナス・ニュートラル・・・・

数年前にも同じタイトルで、記事を載せている。
それは
-----------------------------

最近エハン塾の話が多いのだが、エハン・デラヴィ氏は、自らを「人類学者」と呼びながら、また「ジャーナリスト」だと言う。
 
彼はエハン塾の講義の初めに、「自分の立場」を説明するのに、三角形を書き、例えば左側に「プラス」と書いて、それを「マスメディアの報道」だと説明する。
つまり我々が普段耳や目にする「情報」はここから発せられるものを指す。
 
一方反対側の右側を「マイナス」として、それに対する反論だと言う。
 

つまり、われわれが普段マスコミから与えられる情報は、ずいぶんと与える側の利益になるものに限られ、それに反するものはけっして報道されることがないとはっきり言う。
-----------------------------------
そして、それに対して、彼はどちらか側の話をうのみにせず、自分は「ニュートラル」な立場として、「自分の価値判断」で物事を判断する。
それを彼は別のことばで「独立個人」とも言っていて、何かの団体の一員として、他から指示されない「立場」を維持すると言う。


釈迦は「中庸」と言う言葉を使い、決して偏らないことを旨とした。

私も精神世界を旅するうちに、その意味するものを理解し、可能な限り「中庸」でありたいと願っている。

さて、今回同じタイトルを付けたのだが、最近ネットの情報を探すと、マスコミの話しと真逆なものが多い。

ちょうどエハン・デラヴィ氏の指摘通りなのだが、特に目につくのは「放射能」「電磁波」の影響についてのものが多い。

それを見ていると、それは正しいように思ってしまうが、今回この話をしようと思ったのは「電子レンジは体に悪い」というのが、ネット上ではとても多く書かれており、しかもそれにはいろんな実験データーまで添えられていたりする。

私は一人暮らしで特に最近は自宅にあまり帰らなく、仕事場で寝泊まりすることが多い。

そのビルには共同の給湯室は有るのだが、ガスレンジなども無ければ、自室にしている部屋にもガスも水道もない。

そんな中で外食をせずに自炊するには、どうしても「電子レンジ」と「電磁コンロ」のお世話になることは避けられない。

かと言って、両方を排除できないので、なんとか「改善策」をネットで探したが、電子レンジの代わりの調理器は有ることはあるのだが、とても高いし、電磁レンジの代わりの「遠赤外線レンジ」も国産のものはかなり高い。

そんな中見つけたのは「磁気製土鍋」と言うもので、ソレに入れてから、電子レンジにかければ、電磁波の影響はなくなると言う。

買っては見たものの、電子レンジでは使えても、電磁コンロでは使えない。

結局めんどくさいので、たまにしか使わない。

で、今回ネットで「電子レンジは本当に体に悪いのか?」と検索すると・・・・

確かに多くの記事では悪いとなっているが、http://www.global-clean.co.jp/col_health18.html「美しい地球を守る・地球再生計画」というサイトではそれを否定している。

ただそこに書かれている話もちょっと信じがたい。

でもそれとは別のサイトで、そのサイトの主は「電子レンジの水を与えられた植物は枯れる」と言われていることを、実際に自分でもテストをしたらしい。

https://tinyhouse-story.com/dennshirennzi-01

https://tinyhouse-story.com/dennshi-renzi02

この二つの記事では、水道水とやかんで沸かした水と電子レンジでチンした水を、3つに分けた植物で10日間テストしたらしい。

結果として、若干電子レンジの水の成長が悪かったらしいが、枯れるという事には程遠かったとのこと。

私もこのサイトの記事の作者と同じで、他人の話しは鵜呑みにしないことにしており、自分で確かめるか、または自分の判断基準に照らし合わせて、判断する。

正に独立個人であり、中庸であることを心がけているのだが、何故こんな話をするのか?

今、自分で物事を判断できない人がとても増えている。

そういう人は外からの「情報」をそのまま鵜呑みにして疑わない。

すると、情報には「プラス側」もあれば「マイナス」もあり、そのどちらを信じるかは、「個人の意識」の影響を受けるわけだから、両極端な考え方の人がいることになる。

ましては「常識」つまり、「自分の持っている常識」は誰にでも通じ、それに反する人を「常識外れ」と決め付ける。

そして非難するわけだが、その両極端なものは、それぞれ「自分の常識」を疑わない。

そこから「対立」が生まれるのだが・・・・

もうすこし深く考えてほしいのは「情報」を流すものは、必ず自分に都合のいい情報しか流さないという事。

もっと言えば明らかに情報には「利害」が絡んでいる。

それを「見抜く目」を自分自身で養わない限り、自分は他人から操られているという事に気づいてほしいと思う。

(資)文化財復元センター おおくま


最近・思うこと・・・

私の仕事のHPには、仕事の紹介のページと、そして私が思う事を記したブログがセットとなっている。

その仕事の紹介ページにも、実は仕事を得るためには、どちらかというと「マイナス」になる記事が多い。

それは「デジタル画像による文化財復元」と言う仕事は、日本はおろか、世界でも唯一無二の様であるが・・・

確かに「デジタル画像」と、「デジタル画像処理」という、最先端の「技術」を用いている。

しかしながら、かと言って「科学」オンリーの考え方を私は持たない。

元々写真を専門とするものが、あるときから不思議な出来事を多く体験する羽目となり、そしてそれらが一つに繋がり、この仕事へと導かれた。

まずこんなことをいう事が、この仕事にマイナスであることは、重々承知している。

にもかかわらず、私は自分の考え方をはっきりと仕事の紹介のページにも、そしてブログにおいては、仕事のPRの書き込みより、はるかに「精神世界」の書き込みの方が多い。

たぶん私の仕事内容で検索した人は、その内容に戸惑っていると思うが・・・

しかしながら、私のHPには、一日何人がアクセスし、そしていくつのページが読まれたか?

それはどのページなのかも、ちゃんと把握できる。

うちのHPは平均すると一日100ページほど読まれているが、それは日本語であるにもかかわらず、90カ国ほどからアクセスされている。

それだけ、この仕事の「潜在需要」は有るのだが・・・

かと言って、それを見た人からの問い合わせや、書き込みは随分と少ない。

でも、どういう書き込みに興味を示されているか?

それは把握できるのだが、その半分は「文化財復元」また残り半分は「精神世界」の話しである。

フッーに考えるに、この二つは無関係だと思われようが・・・・

実は無関係どころか、うらでは一つに繋がっているのである。

私がしている仕事は見えなくなった情報の「視覚化」だが、私はソレを単に画像による文化財復元として復元するのではなく、そこに込められた「作者のおもい」を復元しているつもりである。

つまり「おもい」も「精神」の産物である。

そのことに気が付く人はとても少ないが・・・・

今回私が言わんとすることは、最近一人の人が複数のページを読むことが増えたこと。

それは、単に文化財復元に限らず、私の「精神世界」の書き込みを続けて読む人が増えた。

これは、今、地球は3次元から5次元に次元上昇していると言われていて、次元が上昇するという事は、3次元の『物質』に拘り「物欲」に走ることから「精神」世界の意味を理解できる人が増えることを意味している。

今、すでに「イベント」と呼ばれる、銀河系連合と言う善良なETたちと共同で、「地球改革運動」が始まったらしい・・・・

これが実現すると、私の話を理解できる人が増える。

その前触れなのだと思う・・・・

(資)文化財復元センター おおくま

この世は、人間に観測(認識)されるまで存在しない

私は常々、文化財の価値は物質に非ず、その「ナカミ」だと言いづけている。

しかしながら、その意味を一般人ならいざ知らず、文化財の専門家や行政の人びとは、全く理解していない。

ただわたしの持論は、私が自分の「顕在意識」で考えたものではなく、気が付くといつの間にか「自分の中」に有った。

つまりこれは「潜在意識」が、私にその価値観として植え付けたものだと思う。

ヒトの意識には、「顕在意識」と「潜在意識」が存在するらしい・・・・

ヒトの思考や記憶は「顕在意識」でしか働かないと言う。

しかしながら、「潜在意識」は顕在意識よりより深く、より広いとのこと。

心理学者のユンクは、その潜在意識の奥底に「集合的無意識」と言う部分があり、そこで宇宙のすべては一つに繋がっていると言う。

こんな話、いくらユンクでも「顕在意識」で考えても考えつくはずもなく、彼もまた「潜在意識」からいろんなことを教えられていたと思う。

文化財の価値の「ナカミ」とは、つまりそれを制作者は「なぜ」創ったか?

なに」を残そうとしたのか?

その「おもい」こそ、一番大事なもので、「のこす」あるいは「つたえる」べきものは、その「物質」に込められた「おもい」に他ならない。

にもかかわらず、専門家は「朽ちた」物質を保存することしか考えられないのは、とても悲しい事であり、ヒトのおもいは「物質に宿る」ことを知らない。

こんな話をすると、観念論だと思われようが、しかしこの考えこそ「科学」の最先端の「量子力学」という世界では、常識だと言われる。

ボーアとアインシュタインの、「月は人が見ていなくても存在するのか?」の論争は有名なのだが、アインシュタインは、月は人が見ていなくても存在すると言い、ボーアは存在しないと言う。

この話はボーアの勝ちと言われるが、この話で問題なのは「観察者」の存在だと言う。

つまり「結果」は、観察者の「意識」が、観察物に影響を与えるらしい・・・・

意識 = おもい 」である。

宇宙で一番大事なのは、「おもい」だと言われる。

このタイトルのことばは http://oka-jp.seesaa.net/article/420222661.html に有るのだが、

そのあたりにあるすべても宇宙も何もかもが、人間が認識してはじめて存在する

それくらい、ヒトの意識は大事なものであり、宇宙のすべては「波動」だと言われ、物質も意識もすべて波動だと言われている。

たたけば音の出る、金属や板であっても、本当はほとんど空間だと言われ、その同じ空間の中に【ヒトのおもい】も共存できると言われている。

私の持論は、頭がおかしいのではなく、最先端すぎて、文化財の専門家ですら理解できないだけの話しである。

しかし、近々人類の常識が変わるらしく、ヒトの「意識レベル」があがると言われていて、そうなれば多くの人びとは私のことばが理解できると思う。

(資)文化財復元センター おおくま

NESARAの真偽・・・

私が元々、「ハザードマフィア」と呼ばれ偽ユダヤ資本と、それと対峙する形で世の中が動いていると言う話を知ったのは、「ベンジャミン・フルフォード」という在日のカナダ人ジャーナリストの話しからである。

彼は何冊も本を出しているが、それ以上にYouTubeでいろんな話をしたり、彼の近況報告が、あちこちのサイトに上がっている。

 

何やら彼は元フォーブスの記者で、専門は経済らしく、小泉の時代に竹中平蔵が無茶苦茶な政策をしていることに気が付き、竹中にインタビューしたときに、その矛盾点を突くと・・・

竹中は慌てたらしく、後日得体のしれない男が訪ねてきて、イルミナティに入らないか?と誘ったり、彼を暗殺しょうとしたらしい・・・

それから彼はこういう世界に足を踏み入れたようで、明治天皇の孫と言う中丸薫から連絡が来たり、アジアの元王族の集まりから連絡が来るようになり、結局こういう反・ハザードマフィアの報道担当として、動くことになったと言う。

彼が言うには、ハザードマフィアを殲滅したら、アメリカの連邦準備銀行を国営化して、経済をリセットするらしい・・・

その時までに、ハザードマフィアがため込んだお金を回収し、それに元アジアの王族がアメリカに貸してある金塊と、中国の持っている金塊などを合わせて、全く新しい経済社会を実現し、貧困をなくし、地球のすべての人に、彼らが今までため込んだ金を再分配する。

それは実際にその作業は、裏でははじまっていると言う情報がある。

 

それとは別に、「コブラ」と呼ばれる宇宙人の地下組織の話し・・・

また「銀河連邦」という話が並行して出てくる。

このコブラの話もサイトにいくつも転載されているし、多くのチャネラーや霊能者が彼らと交信していると言う話である。

 

で、「NESARA」の話だが・・・・

ネットを検索すると【『宇宙人の伝言』『宇宙人の告白』 田村珠芳著】という話が随所に出てくる。

彼女は多くの本を出している、霊能者らしい・・・

一方「ケイ」・ミズモリ」というジャーナリストのサイト

http://www.keimizumori.com/articles/nesara2008.html

を読むと・・・

宇宙人説は否定しているが、しかしアメリカの政治の世界でもNESARAは実際に検討されている話だと言う。

そうすると・・・

宇宙人説が事実でないにしても・・・

現在ハザードマフィアのロスチャイルドとロックフェラー一味や、バチカンの裏を操るイエスズ会なども、随分とプーチンやアメリカ国軍の正義派などから追い詰められており、かなり勢力を弱められ、中東や世界中でテロを繰り返し、第三次世界大戦を起こそうとしているが・・・

すでにその力は残っておらず、ハザードマフィアの殲滅と彼らの奪ってきた金の没収は、時間の問題だと言う。

つまり、アメリカ政府、つまりハザードマフィアも自己破産して、借金をチャラにしようと考えていたようだし、それに彼らが奪ってきた世界の富を再配分することで、最低限「負債の消滅」と「人類に富の再配分」が行われ、アメリカや世界を支配してきた「闇の勢力は逮捕」され、裁かれる・・・・

どっちにしろ、結果は同じ結果になるものと思われる・・・

(資)文化財復元センター おおくま

このページのトップへ