2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログメニュー

とうとう雪が・・・・

数日前から、朝起きると・・・

車のやねにうっすらと雪が積もっていることはあったが、しかし地面や周りを見渡すと雪の降った形跡は無かった。

しかし今朝起きると、確かに雪が積もっている。

引っ越してきた飯山市は、有数の豪雪地帯らしい。

長野へは20年前から諏訪大社へ何十回ときていて、この飯山へも私の好きな映画「阿弥陀堂だより」のロケ地らしく、何度も来ていた。

今年の正月明けに、他の物件を見学に来たとき、道は除雪されていたが、周りには2メートルほどの雪の壁があった。

千曲川沿いの雪景色はとてもきれいで、写真を撮りたくなる。

そんな飯山にはここから20キロほど先に、新潟との県境に「栄村」というのがある。

そこには線路沿いとしては、7メートル以上積もったという「日本記録」があるらしい・・・・

これから長い降雪の時期が始まる。

地元の人の話では、カメムシが多く発生した年は、雪が多いとか・・・

あるいはカマキリの巣が低い位置にあるときは、雪が少ないとか・・・

そんな伝説が有るらしいが、実は両方今年は当てはまることになるらしく、果たして・・・・

夏にはネットオークションで、小型の除雪機を安価で手に入れたし、外に停めている車も、1階のガレージに移すことになる。

(資)文化財復元センター おおくま

 

 

 

 

長野県・飯山市での被害

5月に引っ越してきた飯山市は、周りが山に囲まれて、車で走っていてもとても気持ちがいい。

引越し先は50年前の木造の広い作業場で、屋根が朽ち、雨漏りもひどかった。

1ヶ月ほど前に、自分で屋根に上り、錆びていてトタン屋根に、防水ペンキを2度塗りしてあり、ほとんどの雨漏りは止み、その後雨が降っても、一部で雨漏りするだけとなっていた。

ところが昨夜の台風は、各地に被害を出している「人工台風」で、規模が半端じゃなかった。

直したはずの雨漏り箇所から、再度雨漏りがし始め、用意しているアルミパンは使い切ってしまった。

あばら家では有るが、何とか大きな被害も無かったのだが・・・・

この建物の海抜はちょうど400メートルとなっていて、すぐ裏が山になっている。

山崩れも無かったが、今朝、オークションに出品していたプリンターが落札され、荷造りをしてクロネコに電話したが、繋がらず、やむなくクロネコの営業所に持ち込んだ。

ところが・・・・

なんとクロネコが休みになっていた。

で、営業所からの帰り道を、いつも通る千曲川の土手沿いの道に向かったら・・・

千曲川の川原は、広い畑になっていたり、林になっているのに、それらが完全に水没し、たぶん5メートルくらいは水かさが増している感じなんだが、対岸の市役所などのある市街地の一部が、なんと水没しているらしい・・・

海抜を調べると、市役所が315メートルらしい・・・



対岸の道路は通行止めになり、消防車が何十台とあつまり、水没箇所から、千曲川に水を抜いていた。

水没箇所を土手沿いの道から見ると、車が完全に浸かっていて、たぶん1メートルくらいは水没している気がした。

こんな被害を及ぼした台風は、自然発生したものではなく、明らかに「人工台風」だといわれている。

今、アメリカを始め世界上で、デュープステートとかカバルとか呼ばれる、人類を裏で操ってきた連中が、駆逐されようとしており、彼らは最後のあがきとして、この台風を作ったらしい・・・

とにかく、人間の皮をきた野獣と言うより、正に「悪魔」そのものだといえる。

(資)文化財復元センター おおくま

れいわ新選組のポスター

先日、ネット上で「れいわ新選組」のポスターを頼んだ・・・

A2サイズのポスターなのだが、当(資)文化財復元センターの1階のガレージのシャッターにまとめて貼った。

白っぽいシャツターにれいわ新選組のポスターは、よく映える。

長野はどうやら共産党支持者が多いように思う。

この地区にも、共産党のポスターが貼られている。

で、ついでにれいわ新選組の事務所に問い合わせとして、「当社にはB0サイズのプリンターがあり、それを使って、大型ポスターを作りたいのだが、デジタルデーターはありますか?」とメールを入れてあるが・・・

未だに返事はない。



(資)文化財復元センター おおくま

飯山ぐらし・・・

事務所を京都府の「けいはんな」から、令和元年の始まる5月1日に、長野県の「飯山市」へ引っ越した。

長野県へは、この仕事の守り神の一つである「諏訪大社」へ、何十回と無くお参りに来ている。

その帰りに他に行くところがないかとカーナビで探すと「阿弥陀堂」と言うのがあった。

そこは映画「阿弥陀堂だより」のロケ地である。

私は以後何度かその阿弥陀堂を撮りに来ていた。

もうずいぶんと昔から、この仕事は自然に囲まれた「気」の多いところでやるべきだと考えていたが、ここへ引っ越す前に、いくつかの古民家を探していて、飯山にも今年の正月明けに来たことがある。

道はきれいに除雪されていたが、周りには2メートルを超える雪の壁がそそり立っていた。

そんなこともあり、冬場の除雪のことが気になっていた。

道路は除雪されていても、敷地内の私道は自分でやらなければならない。

とは言え、除雪車を買うとなると・・・・

ソレナリの費用が掛かるので諦めていたが、真夏のネットオークションにも除雪車はいくつも出ていた。

安いものに印をつけていたが、それでも落札価格は3万円前後が最安値・・・

ところが、締め切り時間が午前中になっていて、1万円がスタートのものがあった。

締め切り時間間際に見たら、1万5百円となっていたから、思わず入札したら、「1万1千円」で落札できた。

小型の除雪車で、ワゴン車の後ろにつんで帰ったのだが、ちゃんと動くらしい・・・・

実は引越し先は、50年前の木造の作業場で、10年前から人が住んでおらず、倉庫として使われていたらしいが、飯山は豪雪地帯だから、屋根の雪下ろしをしていない間に、屋根の軒先はずいぶんと朽ちており、雨漏りがひどい状態である。

でも、日曜大工が趣味なので、直せる所は自分で直しながら、畑を作り、野菜が植え、自給自足をしながら、時々入る復元依頼をこなしている。

(資)文化財復元センター おおくま


 

HDRによる・自写像

昔は写真スタジオを持っていたので、ライティング次第で、いろいろと撮れたが・・・

現在はスタジオが無く、こういう絵になる場所で撮ることが多いし、またここは他人が来ないので気兼ね無く撮れるが、人が多いところで平気で自分の写真を撮るほど、ナルシストじゃないので、ココは特にお気に入りの場所である。

ただ複数枚続けてシャッターを切る関係で、その間動いたり表情が変わると、画像がダブってしまう。

その点私はいつも無表情でずっとカメラを見ていることが多く、こういう時には役に立つ。

(資)文化財復元センター おおくま


 

このページのトップへ