2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログメニュー

再・再・再度・・「阿弥陀堂だより」NETFLIX

最近今まで以上に気が張っている。

つまり、今度の選挙で下手をすると、日本もまた戦争がはじまりかねない・・・

何とかそれを食い止めようと、必死なのだが、それにつれて最近、明治維新の話しや天皇制の話し、はたまたユダヤ人の話しなどに、どういうわけか、私を導く力が働いている。

 

しかしながら、どう考えてもそんな大きな問題、私が関わったところで「焼け石に水」でしかない。

何も変わろうはずがない・・・

そう思うのだが、それを「」を使って内なる神に問うのだが・・・

何度問いかけても、間違っていないらしく、やり通すように答えが返る。

まぁ、そこまでいうのならと、続けることにしたが、しかし慣れないことは、とても疲れる・・・

と、言っても体ではなく、精神的に・・・

で、二日ほど前にNETFLIXにまた「阿弥陀堂だより」があるのを見つけた。

とはいえ、すでに4回ほど見ているから、普通なら見ようとも思わないのだが、やはり今の精神状態はとても疲れるので、こういう「癒し」をどうしても求めてしまう。

この作品、見るたびに少しずつ感じるものが違うのだが、私は本来なら、いゃかつては・・・・

こういう、ゆっくりとしたテンポの作品は好まなかった。

同じことが東技秀樹の音楽にも言えるのだが、私は離婚してすでに16年が過ぎた。

別れた女房は、美人で、優しく、誰にでも思いやりがあって、好かれるタイプだった。

私もそれを自慢していたのだが・・・

しかし、私から見ると、ちょうど東技秀樹の音楽のようなテンポの性格で、私から見ると、何をさせても、他人の二倍はおろか三倍の時間がかかる。

もっと時間を大切にしてほしいと思ったわけだが、今、この歳になって気が付くことは、むしろ私自身が人の二倍はおろか三倍くらいのペースと馬力で、思いついたことは「即実行」するタイプであったことに気が付く。

そんなわけで、私が最初にこの作品を見たのか、たぶん5年くらい前のテレビ放映だったと思う。

その時は映画とは思わず、何かのドキュメンタリーかな?と思いながら見た覚えはあるが・・・

しかし、画面に飛びかう虫が多いことに、逆にマイナス点を付けた。

しかし最近、ネット配信で数回見るころには、このゆっくりとしたテンポ、そして何もない田舎の自然の四季の美しい風景・・・

そんなものに惹かれるようになっていた。

この主人公の夫婦の旦那は、ちょうど私と逆のタイプで、ゆっくりと、そしてゆったりと、女房の気の病を見守る・・・

そんな優しさが、もし若い頃の私にあれば、たぶん違う人生を送っていただろう。

いずれにしろ、この作品は、今の私の気持ちを少し癒してくれた。

(資)文化財復元センター おおくま


011 023
010 036
041 052
066 061
062 063

「明日への遺言」NETFLIX

この作品も以前に見た記憶がある。

2007年制作だらしい・・・

B・C級裁判の話し

名古屋大空襲時の東海軍管区司令官の話しなのだが・・・

以前に「海と毒草」でもそうだが、空襲時に撃ち落とされた米軍兵士の扱いの話し。

当時日本人としては「無差別爆撃」であり、捕虜ではなく、犯罪者だと日本側は考えた・・・

相手は殺人者だから、何をしてもかまわないから、斬首した。

ところが、戦争が終わると、その責任を問われた。

実行犯と、その指令を出したもの・・・・

この物語は、当時司令官だったものが、実行した部下を庇うように、自分一人で罪を被った。

まさに、武士のカガミみたいな男だが、裁判においては、「無差別爆撃」が戦争法に反するとはっきりと訴えたのだが、彼の弁護を引き受けたものはアメリカ人の弁護士なのだが・・・・

その指揮官の奥さんは、それを心配したが・・・

しかし、そのアメリカ人弁護士は、立場の違いを乗り越え、正義感を持って弁護にあたった。

最近やたらとネットで「日本軍は正しかった」とか「東京裁判は間違っていた」とか言って、「日本人」を一つに纏めようとする輩が多い。

これはまちがいなく、「愛国心」「お国のため」「臣民として・・」とか言う、戦前の世界に日本を戻そうとする輩なのだが・・・・

東条英機も実は開戦時の責任者だが、終戦時にはとっくに首にされていた・・・

にもかかわらず、彼は「天皇」を守るために、周りから説得されて、自分一人で責任を被った。

この物語の指揮官も、部下を助けたいから、あえて自分がすべての罪を被り、絞首刑を受け入れた。

ただし、彼は言うのだが「東京裁判や他のB・C級裁判において、無差別爆撃の話は受け入れられなかったが、この裁判においては、その話をちゃんと聞いてもらえたことに、感謝します」と、ちゃんと裁判そのものは正当であったと言い残す。

彼の姿を見た、米軍の裁判関係者は、マッカーサーに「絞首刑」ではなく「銃殺刑」への減刑願いを出したのだが・・・

銃殺刑は軍人としての名誉の死を意味する。

マッカーサーはそれを受け入れなかったという。

何故か?

マッカーサには企みがあり、「天皇」を裁判にかけないためにも、他の「責任者」の処罰が必要だったから・・・

また、最近よくマッカーサーがアメリカ議会で日本の方を持った…とかいう話がと飛び交うが、実はマッカーサーはそんなに日本の方を持つような人間ではなく、「裏」に自分の損得が隠れていて、日本側から天皇の金塊、つまり「ゴールデン・リリー」と言われる資金から、随分と利益を得ていたから、日本の方を持っただけの悪党という話・・

(資)文化財復元センター おおくま


002 007
008 010
011 012
013 014
015 018

このページのトップへ