2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログメニュー

写真におけるスーパーリアリズム

本日facebookからのリンクで、あるタレントを写真をもとに鉛筆画で描いている人の動画を見た。

私自身も写真を始める前に、絵を描いていた時期があるのだが・・・

当時「写実画」に凝っていたのだが、しかしながらデッサン力が伴わず、結局は絵画を辞め、写真の世界にのめりこんだ。

写真は絵画と違い、シャッターを押せば、狙ったものが撮れる・・・

そう安易に考えての転向だったが、現実はそう甘くなかった。

つまりいくら「感覚」が鋭くても、それを「」にするためには、ちゃんとした「写真技術」の習得を必要とした。

当時、特に「モノクロ写真」にのめりこんで時期があり、写真の諧調をコントロールする「ゾーンシステム」に、随分とはまっていた時期があった。

また、当時から、「人のやらないこと」をやることに、悦を感じる性格は、未だに復元の仕事を始めても変わっておらず、16年を過ぎた現在も、未だにこの復元技術は日本はおろか、たぶん世界的にも他に例を見ないものと思う。

さて、本題に入るが、私は何事にも「究極」と言う言葉を好み、どうせやるなら、写真で当たり前の「リアル」を超えた「スーパーリアリズム」ともいうべき写真を創っていた時期がある。

現在のデジタルカメラでいう「画素数」とは、アナログのフイルムでいう「解像度」と同じ意味を持つ。

つまり1つの銘柄のフィルムでも、35ミリ版と4×5版では単位面積当たりの解像度が同じでも、フイルム面積が大きく違うと、拡大率が変わる。

結果として同じ大きさのプリントの解像度は、違って見える。

また、そのフイルムの銘柄により、粒状性も変わり、解像度の違いが現れる。

まずこれを基本に考えてもらうと、フイルムは大きいほうがよく、しかもフイルムの粒状性は細かいほど、細部の解像度が高い。

とは言っても、フイルムには「粒子」があるから、限界もある・・・

ところが、「無粒子」と言われるフイルムの存在があり、新聞などの文字情報の複写用に「マイクロフィルム」と呼ばれるものがそれだが、このフィルム、一般的に「35ミリ版」が主となる。

同じ性質のフイルムが当時市販されていたのだが、富士フィルムの「ミニコピー」そしてコダックの「テクニカルパン」と呼ばれていた。

その中のミニコピーは「ブローニー版」しか存在しなかったが、コダックの「テクニカルパン」は、日本国内では「ブローニー版」までしか輸入されていなかった。

このフイルム、実は4×5版と8×10サイズまで存在していたので、当時「個人輸入」で取り寄せて、ゾーンシステムのフイルム現像で、本来白と黒しか写らないのに、「写真諧調」の表現を可能として使っていた。

実は4×5サイズのフィルムだと、3メートルほどのプリントを作ったが、全く粒子は見えなかったくらいの、高解像度フィルムであった。

そのフィルムを使い、知人の作品である「ホワイトキルト」を撮ったことがあり、それを思い出し、6切りのプリントと半切のプリントから、スキャナーで取り込んだ。

テクニカルパンは、一般的なフィルムと少し感色性が違い、トーンも独特であり、風景写真を撮っても、一寸雰囲気が違っていた。

そんな「究極」のアナログ写真に拘っていたから、今のデジタル復元でも「高解像度」のデーターを撮る技術があり、細部に残る「痕跡」から、当時の姿を再現することができている。


 

ホワイトキルト・全体 のネット用
白布に白糸でキルティングさたたものであり、この全体の大きさで、縫い目を表現するのは難しい。
ホワイトキルト・部分拡大 のネット用
その左端の中央部分のかくだいとりこみだが、元のプリント6切りサイズからの取り込みであり、すこしボケているが、フイルム上ではおそらくキルティングの糸の縫い目ははっきり見えるはず。
ホワイトキルト1繋ぎ のネット用
ラブシートのソファに掛けて撮ったもの。
ホワイトキルト-2繋ぎ のネット用

その中央部の拡大撮影画像

(資)文化財復元センター  おおくま

「古事記、祓い言葉の謎を解く」萩原継男 著・その1

数年前から、精神世界の本をたぶん300冊ほど読んだと思う。

いゃ、数を自慢するわけではないが、それまで私は「知識」より「思考」を大事にし、自問自答をすると、答えが本や他人に聞くことなく、自分の中に返った。

つまり、潜在意識なのか、あるいは守護霊なのか、はまたま魂からか、内なる神からかは判らないが、答えが閃いたり、あるいは気が付くと自分の中に答えがあった。

そういう経験をたくさんしているもので、わざわざ知識を本から仕入れる必要が無いと思ってきた。

ただそれでも、自問自答の答えが、見ていたテレビ番組の中に有ったり、たまたま開いた本に書かれていたことも無いわけじゃ無かった。

ただ数年前から、この復元の仕事の状況が変わった。

何度も言うが、私は不思議な出来事を多く体験しているが、もともとは無信心であった。

にもかかわらず、そんな出来事を体験すると「目に見えない不思議な力」と言う「存在」を、否定できなくなった。

それがいずれ「信仰心」へと繋がるのだが、数年前に初めて仕事場に神棚を作った。

神棚とは言ってもまともなものではなく、仕事の机の上の棚に簡単なスペースを作り、伊勢神宮のお札を張った。

その後毎日洗ったお米や塩などをあげ、祝詞をあげる・・・

そんな習慣を欠かさなくなったが、さりとてそれからよくなったとも思えない。

そこであげるべき祝詞は何なのか?が気になり、いくつもの祝詞をあげていたのだが・・・

ある旧知の占い師から「神棚に問題があるような気がする」と言われた。

神棚と言ってもちゃんとしたものじゃなかったから、Amazonで安い神棚を買い、鏡は少し上等なものを買った。

さて・・・

問題なのは「のりと」なのだが・・・

果たしてどれが本当に効果のある祝詞だろうか?

今までネットを見て、効果があると言われるものをいくつもあげていたのだが「大祓い祝詞」の中に「太祝詞」と言う言葉がある。

にもかかわらずその部分が抜けている・・・

そこに不信感を抱いていて、何となく神社神道を信じきれない気持ちも、正直あった。

それが効果をあげない原因だとは分かっていたのだが・・・

そこでまた自問自答で「祝詞はどれにすべきか?」と問いかけて、ネットで検索した。

本来「太祝詞」を探していたのだが、納得のいくものが無い・・・

すると http://www.pikakamo.com/index.php?%E3%80%8C%E5%A4%A9%E6%B4%A5%E7%A5%9D%E8%A9%9E%E3%81%AE%E5%A4%AA%E7%A5%9D%E8%A9%9E%E3%80%8D と言うページを見つけた。

それを読んでいくと、なかなか面白い・・・それを読み終え、その元になるページも読んでいたら、何やら本を出したらしい??

ということで、さっそく3月に出された本なので古本も無く、Amazonで新刊を取り寄せた。

 

続く⇒


007 001

(資)文化財復元センター おおくま

「古事記、祓い言葉の謎を解く」萩原継男 著・その2

HPを読むと、何やら「弥生語」と言う言葉と「倭人天族」と言う言葉が出てくる。

よくゴダイゴ!!じゃなかった、古代語と言うものがあると言う話は聞くのだが・・・

この弥生語と言うのもその一つらしいが・・・

それを記した文献は世の中に出ていなかったらしいが、実は1つだけ記紀以前に書かれたものが、ある神社の神官の家系に伝わっているらしい・・・

そんな話の断片がネットでわかったのだが、その一族は「倭人天族」の王に仕え、天の声を聴くことが仕事だったと言う。

そして「倭人天族」とは???

九州の五島列島から博多のあたりに勢力を持ち、航海術にたけて大陸との貿易で勢力を伸ばした弥生人だと言う。

しかも彼らが稲作や鉄器を仕入れ、日本の他の一族に普及させたと言う。

それが実は今の「天皇家」の祖先だと言う・・・

何やら今までの古代史を根本から覆すような話なのだが、それについて本では詳しく書かれている。

つまり、九州が発祥の地であり、それがある出来事を機に「本土」へ出てきて、奈良の三輪のあたりに政権を築いた。

「天孫降臨」とは、大陸から日本に侵略してきた他民族ではなく、もともと九州に住む、日本人だと言う。

ここに興味があるのだが、実は私の生まれたのはその博多の近くの「甘木」と言うところなのだが、数年前にそこが邪馬台国の候補地だと知った。

また、よく行く「宗像大社」は、宗像家の氏神であり、また宗像家も玄界灘の海洋族だと言う・・・

かなりの勢力を持つ一族だったらしく、たぶん倭人天族の流れを汲んでいるのではと思う。

また変な話だが、あるチャネラーから私の過去世の一つに「ニニギ」の名が挙がっていたが・・・

まさかそんな神様が前世の訳もないし・・・・と信じ切れなかった。

しかし、天孫降臨が実は九州に住む「倭人天族」だとしたら・・・

ニニギもまた、実は「九州人」だということになる。

そうなれば・・・・可能性も無くもない??

で、話を戻すとその「弥生語」と言うのが何故重要か?

それはもともと天皇家が使っていた言葉であり、その言葉の多くが「神道」の神の名や祝詞の「元形」になったものだと言う。

また、祓い祝詞も実はその弥生言葉から創られ、日本の神々の神話も、そこから派生したものだと言う。

で、肝心な「祝詞」をその中で見つけた。

弥生言葉による祓い祝詞

これがその原型になるもので、私はこの祝詞に導かれたものと信じている。

(資)文化財復元センター おおくま

30年前の思い出の文集

連休前に問い合わせのメールが入った。

何やら30年前の高校時代のクラスの「文集」がある。

しかし、随分と薄くなっているページもあり、何とかデジタル化して、当時のみんなに配りたいと・・・

こういう「思いで」の復元を望まれる人は多いが、なかなか予算的に折り合いがつかない。

しかし今回、何とか折り合いが付き、復元することになったのだが・・・

思ったよりもページ数も多いのだが、実はこの文集は卒業文集じゃないらしい・・・

どうも1年何組とか書いてあるのだが、しかし各ページを読み込みながら、少し見ていくとどのページも文字が高校生にしてはとても纏まった字を書いていたり、また各ページに似顔絵や漫画が描かれているのだが、これもまたどれを見ても素人が書いたものとは思えない・・・

仕事を終え、データーを送るときに、依頼主にその件を伝えたら・・・

何やら当時のメンバーの中に、現在「絵本作家」になったものが居て、その人が中心に創られているらしい。

それにしていまどきの高校生や大学生より、よほど読みやすい文字を書いていると思う。

 

復元・ 21 21
現状画像 復元画像
復元・29 29
現状画像 復元画像

(資)文化財復元センター  おおくま

陽はまた昇る」NETFLIX

2002年の邦画である。

私は昔、NHKの「プロジェクトX」の大ファンであった。

NHKは本来、企業のPRはしない・・・

だから過去何回と私の技術をNHKで紹介されたが、一度も「(資)文化財復元センター」として紹介されたことが無く、常に「大隈 剛由」と言う「個人名」での紹介である。

ところが、この「プロジェクトX」に限って、企業名が紹介された。

それは、日本の企業の製品開発や、独自のシステムを持つ、企業や個人の紹介番組であったが、常にこの番組を見て、私はこの番組で私の「デジタル画像による文化財復元」と言う技術の紹介されることを夢見ていた。

 

しかし、実現する前にこの番組は終わった・・・

また、この番組のテーマソングもとてもとてもお気に入りで、以前に何度も枚方の地元のFM局にゲストで呼ばれたが、その時に私のリクエストを聞かれると・・・

迷わず、このテーマ曲をリクエストした。

いゃ、今回はその番組の紹介ではなく、「VHF」と言う、家庭用のビデオデッキの規格を全世界の統一規格にまでした、一人のビクターのビデオの開発部長の話を、映画化したものである。

この男、もともと製品開発に携わっていた高卒のオトコだが、ある意味「左遷」に近い形で、ビクターの赤字のビデオ事業部の責任者となる。

会社は人員削減を促すが、彼は誰一人首を切らずに、新しく「家庭用ビデオ」の開発に乗り出し、苦労の果て、製品化のめどを立てた。

ところがすでにソニーのベーターが統一規格の候補に挙がっていたのに、ビクターの親会社の松下の相談役、つまり「松下幸之助」の心を動かし、逆転{で「}VHF」を統一規格へ持って行った、一人の男の「おもい」の物語である。

で、ここでその男もすごいが、なにより「松下幸之助」と言う男の偉大さを、感じずにはいられない。

いゃ、実は私は6人兄弟の下から2番目なのだが、私はとても貧しい家庭に育ち、上から働いで、家庭を支えた兄や姉に助けられて育った。

その2番目の姉は中卒で、地元の「松下」の工場に勤め、そして職場の同僚と結婚した。

その姉もそうだが、私は復元の仕事を始めて、「元・松下電器・社会貢献事業部部長」と言う方から、仕事を紹介いただいたことも有るのだが・・・

その人もそうだし、私の知る他の松下の社員の方も、誰一人「松下幸之助」を悪く言う人は居なかった。

何やら戦後GHQから財閥扱いされて、解体されるところを、逆に松下の「組合」がGHQに働きかけ、難を逃れたと言うくらい、彼は自分の資産を増やすことより、社会のため・社員のためを考えた人らしく、そんな彼をこのビクターの「VHF」の開発部長は「熱意」で、幸之助を動かした・・・

私はそこがこの映画の味噌だと思う。

少し話は変わるが、私は写真を職業としていた頃、葬儀の「遺影」を作っていた時期があるのだが・・・

いくつかの葬儀社と付き合ったが・・・

ある葬儀社など、社員の誰一人として「自社」を良く言うものが居なかった。

それを考えると、幸之助有っての松下であり、またビクターであったわけだ。

最近、こんな、骨があって、そして「」が解る「CEO」は居ないように気がする。

あぁ、「VHF」の開発者の映画を見たのに、その裏に幸之助の偉大さを感じてしまった・・・

004 006
008 009
018 019
020 021
 

(資)文化財復元センター おおくま

このページのトップへ