2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

ブログメニュー

「アラン」αビデオ

古い作品を3本ほど続けて観た。
 
 042 037
 032  038
 041  045
その最初なのだが、この作品、1934年のもので、ずいぶんと古い。
 
しかも、「ドギュメンタリー」だと言う。
 
なぜ、これを選んだかというと、Amazonで安いDVDを検索していて見かけたもので、ずいぶんと評判が良い。
 
内容は、アイルランドの西に「アラン」と呼ばれる島がある。
Wikipediaで「アラン」を検索すると、フランス語や英語・スコットランド語などにあり、ブルトン語の「小さな岩」か「ハンサム」という意味らしい・・・
 
まさに、アラン・ドロンは「ハンサム」と言う語源から来たものだと思うが、この作品のアランはもう一つの「小さな岩」のほうで、このアランと言う島を舞台にしているのだが、当時数々の賞を取ってる。
 
 
この島は岩ばかりの島で、土壌もなく、そして海は荒れ狂い、風邪も強い。
 
私もエーゲ海のミコノス島に行ったとき、台風でもないのに、風が強いのにびっくりしたが、こんな過酷な土地にも少ないが人々が住む。
 
その一組の家族を中心にしたドキュメンタリーである。
 
 
» 続きを詳しく読む

「自転車泥棒」αビデオ

 058  055
 048  052
 053  054
1948年のイタリア映画である。
 
アラン」ほどではないが、ずいぶんと古い映画である。
 
この映画、知る人は知るのだが、私が子供の頃お昼の3時ごろから、テレビで洋画をやっていた。
それは1週間、毎日同じ映画をやっていたのだが、最初に見たのはそんな子供時代だと思う。
たぶん、何も感じなかったと思う。
 
それから、多分「淀川長治」がやっていた時代の「日曜洋画劇場」で、観たように思う。
 
 
名作と言われる割には、ストーリーはほとんど覚えていない。
 
ネオリアリズム」と言われる時代の代表作とされているらしく、「新・現実主義」と言われるだけあって、当時の人々の貧しさをリアルに描いたものだと思う。
 
 
主人公は、長い失業の末にやっとポスター貼りの仕事を得、質屋に預けてあった自転車を引き出した。
 
その自転車に乗り、ポスター貼りの仕事を始めた初日に、仕事中にその自転車を盗まれた。
彼にはかわいらしい息子がいて、仲間と手分けして、盗まれた自転車を探し始めるが、容疑者らしきものを見つけても証拠がない、
 
しかし、自転車がないと、仕事が続けられない・・・・
 
» 続きを詳しく読む

「黒水仙」αビデオ

060  059
 063  065
 066  067
1946年のイギリス映画らしい・・・
 
先ほどの「自転車泥棒」は1948年のイタリア映画だから、モノクロだが、こちらはそれよりも2年も前なのに「カラー」である。
 
先日「赤い靴」と言う映画の話で、もともとカラーで撮られたものだったと話したが、この作品と、同じ年の作品だから、やはり間違いないのだろう・・・・
 
当時は「テクニカラー」と呼ばれる技術が使われていた様で、今と違いカラーフィルムで撮るわけではなく、1つの画面を3原色の分解フィルターを使って、3本のモノクロフィルムにそれぞれ記録して、それを映写用に「ダイトランスファ」と呼ばれる方法で、カラー映写用の「ポジ」フイルムを作っていたらしい・・・
 
で、なぜこんな古い作品を見たのか?
 
 
実はこの作品、尼さんが主人公である。
 
 
鈴木秀子の本の中に、3本のキリスト教関係の作品が紹介されていて、「ブラザーサン・シスタームーン」「親分はイエス様」そしてヘップバーンの「尼僧物語」なのだが、親分はイエス様は、先日YouTubeで見た。
残りをαビデオで検索したが出てこない。
 
 
ただ、この作品も尼さんが主人公で、作品の見本写真には、ヘップバーン並みの美しい尼僧の姿が有った。
 
それは「デボラ・カー」らしいのだが、ストーリーは最初はインドの修道院が出てきて、老修道院長がヒマラヤ山麓の村で尼僧院を開くから、その若き尼僧が責任者に任命された。
 
» 続きを詳しく読む

「ニューシネマパラダイス」αビデオ

 015 001
 002  004
 005  006
 007  008
 009  010
 011  013
この映画も私の好きなもののひとつである。
 
この映画はたぶん2度ほど見たとは思うが、一度目はたぶんレンタルビデオかな?
 
2度目はテレビだと思うが、今回はαビデオには2種類あったので、それならと長いものを見た。
 
完全オリジナル版」となっているが、170分の長編である。
 
 
 
3時間近いものだが、しかし当時はそんな長いものを見なかったと思う、多分短くカットされているようだろう・・・・
 
 
そう思いながら見たのだが、確かに何か私の知っているものとストーリーが違うように感じ、昔見たものはどんなものだったと思い、ついでに短い方も続けて観てみた。
 
 
短い方は123分にカットされているから、1/3近くがカットされていることになる。
 
» 続きを詳しく読む

このページのトップへ