2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログメニュー

復元の始まり

「デジタル画像による文化財復元」という言葉は、多くの方にとって、耳慣れない言葉だと思う。

もともと「写真」の仕事を長年やってきたが、デジタルの普及は、写真をはじめ印刷関係などで、多くの専門職を奪う形となった。

約17年ほど前にPower Macintoshが登場し、写真の世界ではデジタルが普及し始め、写真画像をパソコンで修正できるようになると、露出を間違えた下手な写真も、修正次第で見違えるようになったり、難しかった写真の合成が可能となった。
その技術を用い、当時、葬儀で使う「遺影」の合成を始めた。

日本の遺影は、もともと顔写真を大きく伸ばし、着物は「着せ替え」と言って、絵描きがエァーブラシを用い描いていた。要するに顔は「写真」であり、着物は「絵」であるが、違和感をなくすために、顔の部分もずいぶん修正され、結果として「描かれた遺影」という形で、田舎では鴨居の上に並んでいた。
それがデジタル技術を用い、写真のまま合成できる時代となった。

当時まだデジタルでの遺影を手掛ける業者は、全国でも稀であったが、数年後「薄利多売」の業者が現れ、受注は、じり貧となる。
約12年前に新しい需要を考えていたとき、地元の神社から、修復に出された古い「鳳凰を描いた板戸」の記録撮影を頼まれた。依頼されたのは大型カメラによる撮影であるが、修復されたその板戸は、痛々しく絵の具の剥げたままであった。
そこで撮影した画像をMacに取り込み、Photoshop のスタンプ機能を用い、絵の具の剥げた部分をきれいな部分と置き換え、修正した。

目視-2大 修正-2
<鳳凰を描いた板戸の現状画像> <画像修正され、甦った鳳凰を描いた板戸>
絵の具が剥げた鳳凰の姿は、パソコン上で見事に綺麗に甦った。
それをプリントし、神社の方に見せると、大変驚かれ、また感心された。
その時、こういう需要があることに気付いたが、さりとて営業の方法が分からない。

そこで神社から紹介された、その板戸を修復した業者の話では、「見えないものを見たいという、要望は多い」と言われ、初めて「赤外線撮影」について調べ、そして試行錯誤でテストを何度も繰り返した。
2年ほど掛けて、ある程度技術が出来、その修復業者と組んで営業を開始した。

その後、その業者と別れ、ホームページを立ち上げ、インターネット上で営業活動を行ったが、DMメールを送った社寺の一つから、復元の仕事を得た。
氏貞・現状画像のコピー 氏貞・1回目
宗像氏貞公御尊影掛け軸・現状画像 宗像氏貞公御尊影掛け軸・復元画像
DMメールは、全国に及ぶと実際には仕事ができないと思い、ネット上にHPを出されている関西の社寺を中心にメールを出した。
ところが、どういうわけかその中に福岡のお寺が混じっており、そのお寺からの返事だけが返った。

●デジタルアーカイブ

博物館や美術館や公文書館において、文化資源をデジタル化して保存することが1990年台の中ごろから始められた。

物質は必ず劣化するが、デジタルデーターそのものには劣化がなく、「現状」の姿を、デジタル化し、後世に伝えるために行われる。

●復元模写

デジタルが普及する以前は、絵師が肉眼で細部を確認し、肉筆にて復元を行った。

●デジタル画像による復元

デジタルアーカイブが「現状」の姿を残すのに比べ、デジタル画像を用い、当時の姿を「推定復元」するもの。

朽ち果てた姿と化した文化財は、肉眼で見えるもの以外にも、「赤外域」や「紫外域」などの肉眼では確認できない部分にも、多くの痕跡を残しており、それらは「写真画像」として「視覚化」することができる。

それらの情報には、それぞれ特徴があり、それらの違いをアニメのレイヤーの様に重ね、画像処理を加え、当時の姿を画像として復元する。
(資)文化財復元センター  大隈 剛由

デジタル復元に使われる技術について

  

「デジタル復元」という言葉は、時々マスコミで取り上げられる。

7年ほど前にNHKのニュースで、初めて僕の技術が紹介された時、 アナウンサーは「CG」という言葉を使った。しかし、それは間違いであった。

つま り、「CG」はコンピューターで描かれる「絵」であり、存在しないものもリアルに描ける。

  
一方僕の復元のベースは「写真画像」であり、写真は存在しないものは写らない。

ただ、「写真」と一口で言っても、人間の目に見えるのは、大まかに言えば「虹」に現れる色の部分(400nm~700nm)の情報だけであり、これは一般のデジカメで記録される。

  
ところが、光には肉眼で確認できない「赤外域」や「紫外域」が存在し、そこにも実は多くの「情報」が記録されている。

   
 

 

可視域  

  
それらは、たとえ肉眼で「朽ち果てた姿」と化した絵馬などであっても、目に見えない領域にも当時の姿が「痕跡」として残されていることが多い。

そして、実はその目に見えない領域であっても、特殊な撮影法を用いることにより、「写真画像」として記録でき、その画像は肉眼でも見ることができる。
  

●赤外線写真

よくニュースで、発掘された木簡の文字が読めたと話題になる。

それらは墨が赤外域で記録されるからであるが、土に埋まっていた木簡は土中の水分を多く含む。

すると、墨は木の表面から、木の内部へと染み込んでいき、表面の文字は見えなくなる。

つまり、表面の文字は肉眼では見えなくても、実は木の内部に残されており、赤外線は墨に反応し、さらに薄いものは透けて見える性質 を持つので、内部に残る墨文字は写真として記録される。

と、いうと、いかにも赤外線を用いれば、なんでも見えるように誤解されるが、実は赤外線は墨は記録できるが「顔料」にはあまり反応しない。

さらに、土に埋まる木簡はともかく、地上で風雨にさらされ薄くなった絵馬などは、たとえ赤外線を用いても、情報が残っていないことが多い。

それは地上にある板に書かれた墨文字は、木の内部に染み込むことなく、木の表面から落ちてしまう。

すると赤外域には「情報」は残らないことになる。

  
蓮如上人・現状画像 蓮如上人・復元画像
蓮如上人御真筆掛け軸・現状画像 蓮如上人御真筆掛け軸・復元画像
  

●紫外線写真

紫外線は特に警察の鑑識などで、書面の偽造を確認したり、絵画の修復跡を探すのに用いられる。

復元においては、顔料、特に白塗りの下地の確認に有効である。

  
現状カラー画像 紫外線画像 赤外線画像
カラー撮影画像 紫外線撮影画像 赤外線撮影画像
   

  
●蛍光写真

紫外線写真が、可視域をカットした「紫外域」だけの写真であるのに対し、蛍光写真とは、可視域で紫外線を当てることにより、蛍光作用を起こす物質があり、その蛍光作用を記録するものである。

また、「可視域内蛍光撮影法」と呼ばれるものもあり、それは紫外線を当てず、ある波長の光を当てることにより、蛍光作用を記録するものである。

  
27 41
現状画像 可視光内蛍光撮影による復元画像
  
●斜光撮影

薄くなった絵馬などは、赤外線では情報がないことが多いが、しかし木質は風雨にさらされると「痩せる」ことが多い。

しかし、墨の炭素は落ちても、木の表面には墨に含まれる膠質が残ることがある。

すると、その膠は、ちょうどニスの様に木の表面を目に見えない膜でコーティングした形となり、木が痩せるのを防ぐことがある。

すると、わずかだが「段差」が残り、それを斜めから光を当てると、文字が確認できることがある。

  
現状画像 33
カラー撮影画像 斜光撮影画像

このページのトップへ