2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログメニュー

この世は、人間に観測(認識)されるまで存在しない
Pocket

私は常々、文化財の価値は物質に非ず、その「ナカミ」だと言いづけている。

しかしながら、その意味を一般人ならいざ知らず、文化財の専門家や行政の人びとは、全く理解していない。

ただわたしの持論は、私が自分の「顕在意識」で考えたものではなく、気が付くといつの間にか「自分の中」に有った。

つまりこれは「潜在意識」が、私にその価値観として植え付けたものだと思う。

ヒトの意識には、「顕在意識」と「潜在意識」が存在するらしい・・・・

ヒトの思考や記憶は「顕在意識」でしか働かないと言う。

しかしながら、「潜在意識」は顕在意識よりより深く、より広いとのこと。

心理学者のユンクは、その潜在意識の奥底に「集合的無意識」と言う部分があり、そこで宇宙のすべては一つに繋がっていると言う。

こんな話、いくらユンクでも「顕在意識」で考えても考えつくはずもなく、彼もまた「潜在意識」からいろんなことを教えられていたと思う。

文化財の価値の「ナカミ」とは、つまりそれを制作者は「なぜ」創ったか?

なに」を残そうとしたのか?

その「おもい」こそ、一番大事なもので、「のこす」あるいは「つたえる」べきものは、その「物質」に込められた「おもい」に他ならない。

にもかかわらず、専門家は「朽ちた」物質を保存することしか考えられないのは、とても悲しい事であり、ヒトのおもいは「物質に宿る」ことを知らない。

こんな話をすると、観念論だと思われようが、しかしこの考えこそ「科学」の最先端の「量子力学」という世界では、常識だと言われる。

ボーアとアインシュタインの、「月は人が見ていなくても存在するのか?」の論争は有名なのだが、アインシュタインは、月は人が見ていなくても存在すると言い、ボーアは存在しないと言う。

この話はボーアの勝ちと言われるが、この話で問題なのは「観察者」の存在だと言う。

つまり「結果」は、観察者の「意識」が、観察物に影響を与えるらしい・・・・

意識 = おもい 」である。

宇宙で一番大事なのは、「おもい」だと言われる。

このタイトルのことばは http://oka-jp.seesaa.net/article/420222661.html に有るのだが、

そのあたりにあるすべても宇宙も何もかもが、人間が認識してはじめて存在する

それくらい、ヒトの意識は大事なものであり、宇宙のすべては「波動」だと言われ、物質も意識もすべて波動だと言われている。

たたけば音の出る、金属や板であっても、本当はほとんど空間だと言われ、その同じ空間の中に【ヒトのおもい】も共存できると言われている。

私の持論は、頭がおかしいのではなく、最先端すぎて、文化財の専門家ですら理解できないだけの話しである。

しかし、近々人類の常識が変わるらしく、ヒトの「意識レベル」があがると言われていて、そうなれば多くの人びとは私のことばが理解できると思う。

(資)文化財復元センター おおくま

Pocket

この記事にコメントする

このページのトップへ