2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログメニュー

セレナ・キタキツネ号の驚異的燃費
Pocket

ただ今帰りました。

実22日(木)の夕方に京都の仕事場を出て、宗像大社と高千穂を回って、エネルギーを貰い、1700キロを丸3日間で回って、26日(日)の夜の8時に無事帰り着いた。

実は去年の10月に、1年以上かけてレストアして、100万円以上かけた、「ルシーダ・キャノピータイプ・4WD・

ディーゼル」を、諏訪大社に参った帰りに、名古屋でスピード違反の車に横っ腹をぶつけられ、廃車になってしまった・・・・

現在裁判中なのだが、その車、すでにほとんど市場に出回っていないので、別の車を栃木の中古やで買って、乗って帰ったのが1週間前。

その車がセレナのキタキツネ号なのだが、念願の4WDのディーゼル・・・

このセレナのディーゼルエンジンは、以前から性能がいいことで有名なのだが、なんとルシーダの4WDディーゼルは2200ccなのだが、1リッターで10キロ程度の燃費なのに・・・

今度のセレナは2500ccのエンジンで、一般的には10~12キロと言われているのに、栃木から諏訪大社経由で帰ってきたら、なんと13.5キロも伸びていた。

それならと、今度は九州まで入ったのだが・・・

走行状況としては地道なのに、一度走り出したら2~3時間ノンストップ状態で、50~60キロ程度の定速走行でなんと「14.2」まで伸びた。

で、宗像大社から高千穂へは阿蘇のすそ野を横切るのだが、かなりの高低差とヘアピンカーブの連続なのに「12.6」という数値を示した。

実に信じられないような燃費の良さと、結構機敏なエンジンだし、アクセルもルシーダのディーゼルに比べると軽いし、運転はしやすいのだが・・・

一つ欠点があり、ヘッドライトの型番がとても特殊で、HIDやLEDのライトがほとんど手に入らない状態。

やむなく、ハロゲンランプを明るいものに変えたけど、今日みたいに雨が降ると、地面に光が吸収されてとても危険。

徐々にまたルシーダの時のように、いろいろと手を入れようと思う。

(資)文化財復元センター  おおくま

 

Pocket

これまでのコメント

  1. 大王 :

    初めまして。セレナのディーゼルエンジンYD25は1998年の登場から20年経過した今も現役製造されている優秀なエンジンですね。今では常識ですが当時はまだ珍しかったコモンレール式。後に発売となったトヨタ2KDも優秀なエンジンですが、縦横兼用という点でYD25に軍配が上がると思います。

  2. くまさん :

    先日、調子が良かったエンジンも加速しなくなり、ディラーに持ち込んだが・・・
    なんと、2度も誤診をされた、ディラーなのに・・・
    最終的に空気の取り入れ弁が、つまっていたらしく、3度目の正直で治った。
    既に15万キロを超えているけど、修理のおかげで、新車並の絶好調・・・

この記事にコメントする

このページのトップへ