2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログメニュー

つくづく思うこと・・・
Pocket

私は最近、自分の考え方を表に出すことにした。 

その結果・・・

仕事にマイナスであることは百も承知だが、しかし、自分の損得より、「社会の益」を優先したい。

早い話が、最近やたらとネットで戦時中の日本軍の行動を美化したり、韓国や中国、そしてアメリカを敵対させるように「煽る」情報が氾濫している。

別にそれが事実であれば問題ないのだが、かならず「裏」には意図が隠されていて、それは日本の憲法をアメリカから押し付けられたものだとか、あるいは中国が日本に攻めてこようとしているとか、また韓国が事実を捻じ曲げているとか、早い話が「日本に都合のいい」話を、あたかも真実だと言わんがために、随分と事実を捻じ曲げている。

 

この行為は同じ日本人として、とても私は恥ずかしい・・・

私は左翼でも共産主義者でもなければ、「日本」と言う国を愛しているし、日本の文化を誇りに思う。

だからこそ・・・「画像による文化財復元」と言う、始めて16年が過ぎたが、未だに世界中で私一人しかできない仕事をしている。

ただ、この仕事をするに当たり、10年以上昔にあるチャネラーから「捻じ曲げられた歴史を正せ」と言われたことがある。

当時私は、「たかがデジタル画像で、薄れた画像を復元するだけなのに・・・」と、大げさなことを言うものだと受け止めていた。

しかし、時が経つにつれて、彼女の言っていたことの意味が理解できるようになった。

つまり古事記や日本書紀は、天皇家が自分の正当性を主張するために作ったものだということは理解できた。

しかしながら・・・

どうも歴史を捻じ曲げているのは、それだけにとどまらないことが徐々に解ってきた。

それが日本における「天皇制」であるようだが・・・

私は決して天皇と言う存在に個人的に恨みを持たない。

しかしながら、「嘘」を嫌うし、「歴史」を自分の都合のいいように捻じ曲げることに、とても反発を覚える。

それは「正義感」と言うものではなく、人としての「良心」が、それを許さない・・・

 

だからこそ、最近の改憲のために、戦前の日本の復活を望む輩が、事実に反する「洗脳」「プロパガンバ」には黙っておけない。

 

だからこそ、私は彼らにとっては「知られては困る」「不都合」な情報を、意識してアップするように心がけている。

それは、私の言っていることを信じろと言うのではなく、情報は片方の話しだけでは「客観的」に判断できない。

だからこそ・・・

彼らの出す情報と「逆」の立場として、「情報」を提供しているにすぎないと思っている。

つまり、そのどちらが正しいかは、他人の話しを「鵜呑み」にすることなく、自分の頭で「考え」そして、自分の「価値観」で判断してほしいと私は願う。

その為には、どうしても「相対する情報」を必要とする。

だからこそ、私は彼らと逆の「価値観」で情報を提供する。

判断するのはあくまでも「日本国民」とか「愛国心」とか「国防」「国益」などと言う、訳の解らない「抽象的」な言葉で、人々を集団の一員として駆り立てるものではなく、「日本国民」と言う狭いくくりの前に「人類の一員」と言う意識を持ちあくまでも「一個人」いいかえれば「独立個人」と言う立場で、「自分の選ぶべき道」を決めてほしいと、私は切に望む。

(資)文化財復元センター おおくま

Pocket

この記事にコメントする

このページのトップへ