2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログメニュー

福岡正信とユダヤ資本
Pocket

この二つ・・・・

全くつながりが無いように思える。

この福岡正信なる男、自然農法家だと言う。

すでに30年ほど前に、人間が無駄な労力や農薬をつかわなくっても「自然の力」に任せれば、ちゃんと農作物は育つといい、それを実践した人らしい。

彼は海外でもいくつもの賞をもらっているらしいが、1988年、ロックフェラー兄弟財団の出資で発足したフィリピンのマグサイサイ賞を受賞しているらしい・・・・

その時、彼は関係者から聞いた話らしい・・・・

其の戦略がね、僕がアメリカへ行って、40~50年前にね、ユダヤの人から聞いた話がそっくりそのまま国会で今の首相が演説しているんです。
 
これだけ話したら皆さん気がつくでしょう。
今の世界がどちらを向いて行っているのかという事をね。
東京へ出てきて、こりゃ大変な事になっているんじゃないかという気がするんですよ。
遺伝子組み換えの事も後で話したいと思っているんだけど。
戦略というのは、如何に世界の地球の人類をコントロールするためには、どういう手段が有るかって事で。
 
一つは、一番最初は農民滅ぼし。農民滅ぼしをするには、其の国の農業を滅ぼせばいいでしょ。日本を滅ぼすんだったら、小麦をね。アメリカの小麦にするんですよ。パン食にする。
 
それまでは、日本の農民の主食は麦飯だった。それと反対にね、小麦のパン食にしてバターやミルクばかりにしたら、どうなるか。
 
ユダヤの人が考えている事がわかる人はいますか?
日本の作物をね、変えることが戦略。
日本の裸麦を追い出して、小麦にする。そいで小麦にしたら、アメリカの安い小麦を日本に輸入したら、日本の麦作りが病んで来るだろう。


日本から麦作りを農民の手から、諦めさせるような戦略である。
それで横から、日本はさつまいもが多い。芋と言ったらね。
それをポテトの方に変えていく戦略の方を取っていくと、結局小麦がアメリカの小麦になってしまう。
そして、日本の食糧をアメリカの方が考えている戦略に巻き込んでいったら、日本の農民は潰れていく。
目に見えんような今の戦略から入っていって、日本を殺す。
農民が折れてしまったなら、後は簡単だ。

日本の米というのは、米を神様だと思って祀っているでしょう。


自然農法は人間が作る米作りをしているんじゃ無いんです。
自然が作る米。
メコン川の上流辺りの原始人の米は、自然が作っている米。

つまり「ユダヤ資本」の典型であるロックフェラーが、表向きには「社会貢献」として、こんな賞を作っているが、実は彼らが考えていることはそういうことなのだ。

これは福岡氏だけが知っている話じゃないし、また対立する存在を創り上げ、その両方を後ろからお互いに煽り、またその両方に資金援助をして、お互いに争わせ、人を殺させる・・・

それは人口を減らすことになるし、またどちらが勝とうと彼らには「負債」が残る・・・・

その負債を盾にして、その国の政治に介入し、利益を得る。

こんな「良心」のある人間なら、決してこんなことをしないと思われるようなことを、平気でするのが彼らなのだが・・・

しかし、彼らは「たまたま・・・」ユダヤ人で有っただけで、すべてのユダヤ人に血も涙もないわけじゃ無い。

それをちゃんと理解しないと、また差別意識をおこす。

現在の反韓・反中・半日・反米も、すべてはこのユダヤ資本が裏で両方を焚き付けて、「対立」させようとしている。

そして戦わせ「戦争」を起こさせることが狙いなのだ!!

決して安倍が言うような「防衛」ではなく、地滑り的に「戦争」へ進むように、ちゃんと裏では筋書きができている。

現在やたらと戦争中の日本軍は正しかったとうそぶいている「ネット右翼」は、明らかにユダヤ資本と結託しているし、また何も自分の頭で考えられなくなり、自分で判断できなくなった多くの日本国民は、彼らの言う言葉を「鵜呑み」にして、一緒になって片棒を担ごうとしている輩が、ネットにはゴロゴロいる。

そんな輩に騙されないように、ちゃんと「情報」は片方の話しだけ聞かず、両方の意見に耳を傾けて、そして自分は偏った考えではなく「ニュートラル」つまり、釈迦が昔から言うように「中庸」な心で「自分」で判断していただきたいと、私は思う。

(資)文化財復元センター おおくま

YouTube Preview Image

Pocket

この記事にコメントする

このページのトップへ