2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログメニュー

「この森で、天使はバスを降りた」αビデオ
Pocket

016  001
 011  013
 015  021
 023  025
1996年のハリウッド映画らしい・・・・
 
この題名、確かに昔聞いて覚えはあるが、内容は知らない。
 
 
アメリカの刑務所では、「○○州の観光協会」の電話応対の代行をやっているらしい。
 
その担当をしていた女が、刑期を終え出所する。
彼女はある州の小さな町でバスを降りた。
 
保安官から、仕事口を紹介され、小さな食堂に住み込む。
 
主人の老女は、最初は彼女を警戒するが、自分が骨折で動けなくなり、世話をする彼女を徐々に信用するようになる。
 
 
実は主人の老女は、10年前から店を売りに出しているが、買い手が無い。
 
それを知った彼女は「有料の作文コンクールの商品としてプレゼントする」企画を思いつく。
 
 
実は老女には息子がいたが、ベトナム戦争後、家には寄りつかず、森で暮らしていた。
 

彼女はその息子と接触するが、保守的な老女の親戚が、彼女を先入観から悪者扱いをして、老女の金を盗んだと濡れぎぬを着せるが、その金は間違って森で暮らす、老女の息子と元に行き、町中の人が、銃を持ち山狩りをして、息子と知らずに逮捕しょうとした時、彼女はそれを息子に知らせに行き、川の激流に流されて死ぬ。
 
彼女はその街に来てから、何も悪い事をしていないのに、周りから白い目で見られ、追い込まれる。
 
彼女の葬式の時、老女の親戚が、自分がぬれぎぬを着せたと告白する。
「私は彼女のことを調べ、彼女のことを一番知っている」「よそ者は街の人々に悪影響だから、追い出そうとした」「ところが、彼女のことを一番知らなかったのは、私だった」と、みんなの前で告白する。
 
これも当時賞をもらっているらしいが、人は自分を常識人だと勘違いして、思い込みで他人を見る。
 
それは、他人のこともそうだが、実は自分自身のことを一番知らないのは、自分だったりする
 
(資)文化財復元センター  おおくま

Pocket

この記事にコメントする

このページのトップへ