2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログメニュー

「リモート・ビューイング」 さがわあつし著
Pocket

 002
 

「リモート・ビューイング」と言う言葉をご存じだろうか?
 
実は私もエハン塾で知ったのだが、日本語訳では「遠隔透視」と言うらしい・・・
この言葉なら何となく聞き覚えがある。
 
ただエハン・デラヴィ氏は、それを「超能力ではない」「誰にでも備わっている能力」だという事から始まったのだが、説明によるとこれはアメリカのCIAや国防省が、ソビエトが超能力者を使って情報収集をしているという話から、それに対抗するために研究費をだし、最初は軍の中でも超能力者の素質のあるものを選び、訓練させ、実際に情報を得ていたらしい・・・
 
いずれその研究者は、「一般人」でもその能力があると判り、一般的な軍やCIAの関係者に訓練を行い、成果を得たという。
 
つまり、これは「訓練」することで身に付く「技術」だと言う。
 
そのエハン・デラヴィ氏も十数年前に、アメリカでトレーニングを受けたらしく、当時3000ドルを払ったらしい。
 
結構いい値段であるが、エハン・デラヴィ氏の好奇心は半端ではなく、彼の講義の幅は広く、巡礼や古代文明や昨日の太陽の話、はたまたスーフィーの詩人の話や日本文化の話など、とどまることがなく、彼自身人類学者だと自分で言う。
 
で、エハン塾でも数回に分けて、リモートビューイングのトレーニングを段階に分けてやっていたのだが、彼もまた自分でメンバーを募り、何度もそのセミナーを開いているという。
 
で、彼は「直観」を鍛えるのに役立つと言うのだが、彼の書くリモートビューイングの本はなかったが、この著者の本があり、とりあえずはそれを買った。
 
で、昨日夕方から読みだしたのだが、この著者は自分ではいろんなセミナーを受けたがものにならず、人がやっていないものとして「リモートビューイング」をアメリカに行って習ってきたと言う。
 
その自分が受けたセミナーの様子を例にしながら、この技術を説明している。
 
たぶんエハン・デラヴィ氏と同じようなセミナーを受けたと見えて、トレーニング法もまったく同じなのだが、この本の著者は、自分は普通の人間だけど、このトレーニングを受けた時から、結構いい透視結果だと言うのだが・・・・
 
一通り読み終えて感じるのは、彼自身現在結構いい値段のセミナーを開いているようで、結局はそこへの呼び水的な意味合いが強いと感じた。
 
一方エハン・デラヴィ氏はエハン塾で、何度も「透視は当てようと思わない事」と強調しているのだが、考えると当たらないわけで、あくまでも「感」なんだと言う。
 
実際に数度の講義の中で、参加者は最初はターゲットに近いが、2度目になると当てようと欲を出してくると、逆に外れることを証明する形となった。
 
ところがこの本の著者にはそういうところは書かれておらず、あくまでも「誰でもできる」「直観力が付く」「ロトなどのギャンブルにも応用できる」と言うような、「欲」を誘う形で、自分のセミナーに誘導しょうとする姿勢が、私にはありありと見えてしまう。
 
で、彼は一切「意識」や「霊」や「魂」と言うような精神世界には触れておらず、「唯物論」的な立場だけをこの本には記しており、その方が「一般受け」すると考えているようである。
 
 
 
一方のエハン・デラヴィ氏は、むしろ精神面の話を講義でしている人だから、そこの深さがこの著者とまるで違う。
 
で、リモートビューイングの技術とは透視能力のように、具体的にその状況が見えると言うものではなく、ターゲットに名前ではなく、数字を割振りし、その数字から浮かぶ「抽象的なイメージ」を断片的に受け取り、それらをいくつかの側面から検討し、具体的なものを導く技術という事になるのだが、そのトレーニングのためには透視するターゲットを他人に作ってもらう必要があったり、またそれを数字に置き換えたりしないと、遠隔透視できないわけで、果たしてそこまでして、自分の得ようとする情報が得られるのか?
はなはだ疑問を感じる。
 
ただ「直観力」を高めるためには大いに役立つトレーニング法だと思う。
 
私はむしろそちらの方が意味があると思うし、その直観力が高まれば、いちいち遠隔透視など必要なく、「第六感」として、いろんなこと、つまり霊的な閃きを得られるのではないかと思う。
 
またそれは直接的に、予知能力や透視能力などの超能力が目覚めるきっかけになるのではないかと思う。
 
(資)文化財復元センター  おおくま

Pocket

この記事にコメントする

このページのトップへ